スポンサードリンク

ニコン 「COOLPIX P7700」発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコンが f/2-4大口径ズームレンズを搭載、有効画素数1219万画素1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを搭載したCOOLPIXシリーズのフラッグシップモデル 「COOLPIX P7700」を発表しました。

ニコンのニュースリリースはこちら。

「COOLPIX P7700」は、本格的なマニュアル撮影機能や拡張性を備え、デジタル一眼レフカメラのユーザーも十分に満足できる高機能を搭載した「COOLPIX」シリーズのフラッグシップモデルです。「COOLPIX P7700」は、2011年9月に発売した「COOLPIX P7100」の後継機として、連写性能の高速化、高感度時の画質の向上などを実現しています。新たに採用した大型の1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサー、大口径広角7.1倍ズームの明るいNIKKORレンズの搭載、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能の強化により、暗いシーンでも静止画、フルHD動画共にきれいな画像が撮影でき、撮影領域の幅を広げました。

そのほか、シャッタースピードやISO感度の設定ができるカスタム動画モードを新たに搭載。明るいレンズと裏面照射型CMOSセンサーにより、表現力をさらに増した高画質なフルHD動画撮影ができます。
また、ニコンスピードライト※の使用により多灯発光を実現する「アドバンストワイヤレスライティング」、撮影時の位置情報を記録するGPSユニット「GP-1」および三脚使用時のレリーズ操作に便利なリモートコード「MC-DC2」など多彩なアクセサリーに対応し、様々なシーンに拡張性を用いて対応できます。(アクセサリーはすべて別売)

Via : Nikon | ニュース | 報道資料:「COOLPIX P7700」を発売

価格 オープンプライス
発売予定 2012年9月下旬

COOLPIX P7700の主な特長は

  • レンズ
    • 開放F値 f/2-4の35mm判換算焦点距離28mm相当から200mm相当 光学7.1倍ズームNIKKORレンズ
    • 7枚羽根絞りを採用
    • レンズシフト方式手ブレ補正(VR)
    • 広角側では、レンズ前約 2cmマクロ撮影が可能
    • シャッタースピード3段分遅くできる内蔵NDフィルター
  • イメージセンサー
    • 有効画素数1219万画素、1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー
    • 約8コマ/秒の高速連写
    • 最高ISO感度:Hi1(ISO 6400相当)、ノイズ低減フィルター
  • スペシャルエフェクト機能 「クロスプロセス「露光間ズーム」「露光間デフォーカス」を含む全10種類
  • 動画機能
    • ステレオ音声付きフルHD動画撮影機能
    • 動画モードでもシャッタースピードや絞り、ISO感度などを自由に設定できる
  • 広視野角3型バリアングルTFT液晶モニター
  • 「ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)」の「アドバンストワイヤレスライティング」に対応。多灯発光を実現
  • 内蔵フラッシュにはコマンダー機能を搭載
  • GPSユニット「GP-1」対応
  • フィルターアダプター兼用の新レンズフード「HN-CP17」を使用することで58mmのネジ込み式フィルターが装着可能
  • 起動時間約0.9秒の高速レスポンス

製品ページはこちら

ちょっと意外だったのが、COOLPIX P7100の後継はP7200では無く、P7700とかなり飛んでしまったことですね(^^;
光学光学7.1倍ズーム、35mm判換算28-200mm相当となりますので、フラッグシップコンパクトの中では高倍率ズームレンズなのが魅力ですし、望遠側でもF4と明るいところが良いですね。
また、ソニー製と思われる1/1.7型裏面照射型のCMOSイメジセンサーの採用で特に高感度性能がアップしているようです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す