スポンサードリンク

キヤノン映画業界への取り組み強化中(朝日新聞デジタル)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンシネマEOSの戦略についての解説記事
既にハリウッドで発表され発売されているEOS C300やその上位モデル発売予定のEOS C500、そして、開発中4KカメラEOS-1D Cなどの取り組みの理由とは?

キヤノンが映画業界にレンズ交換式デジタルカメラを売り込んでいる

Via : 朝日新聞デジタル:キヤノン、レンズ交換式デジカメで映画業界攻略へ – デジタル

シネマイオスを開発

  • 画質や新しい撮影方法を提案
  • フィルムの“最後のとりで”である映画業界を攻略
  • レンズや画像処理の技術を駆使してフィルム画質を追求
  • デジタルは編集もしやすく、制作費を抑えられる
  • 若い制作者にも使ってもらいやすい
  • 市場規模は小さいが「ハリウッドで認められたカメラ」とのお墨付
  • 「シャワー効果」でテレビ、コマーシャルなど映像制作への波及を狙う作戦
  • 「最初の予想よりも売れた」と上々の滑り出し

既にシネマカメラ業界では一定の評価を得られているソニーもNEXのEマウントでシネマEOSを迎え撃つことになりそうですし、いよいよ、デジタルカメラでの新しい領域での戦いが始まりそうですね。

個人的には、シネマイオスの世界を、ミラーレスEOS Mのシリーズとしてコンシューマ向けに落として行って欲しいとおもいます。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す