スポンサードリンク

ソニー サイバーショット RX100テストをX10やG1Xと比較してみた(popphoto)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

popphotoでSONY Cybershot RX100のテスト結果でアップされました。
各項目がグラフで示さされていて解り易いですね。

そこで、ライバルとなると思われる大型センサー採用のコンパクトデジタルカメラ、富士フイルム X10とキヤノン Powershot G1 X のテスト結果と比較してみました。

■画質
RX100:極めて良好(ISO80)★
X10 :良好(ISO100-400)
G1X :極めて良好(ISO100-200)

■解像度
RX100:極めて高い(2270)
X10 :高い(2130)
G1X :極めて高い(2310)★

■色再現性
RX100:優秀(6.6ポイント)
X10 :優秀(7.4ポイント)
G1X :優秀(8.0ポイント)★

■ノイズ
RX100:とても少ない(ISO80)-少ない(ISO200)-許容(ISO400)
X10 :極めて少ない(ISO100)-とても少ない(ISO200)-少ない(ISO400)-許容(ISO800)
G1X :極めて少ない(ISO100)-とても少ない(ISO200)-少ない(ISO1600)-許容(ISO6400)★

■ダイナミックレンジ
RX100:アベレージ
X10 :広い★
G1X :広い★

■コントラスト
RX100:普通
X10 :広い★
G1X :広い★

■手振れ補正
RX100:2段(100mm)
X10 :なし
G1X :3.5段(112mm)★

ということで、RX100は画質が優れているのに対して、総合性能ではG1X、X10はこの中で最も小型センサーながらかなり頑張っているという感じでしょうか。
またレンズを考えるとRX100はF1.8、X10はF2.0レンズということで、実用上の高感度性能と手ブレ補正性能はG1Xに対してもう少し差が縮まるという感じですね。

RX100のサンプルイメージギャラリーもアップされています。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す