スポンサードリンク

ソニーサイバーショット DSC-RX100 店頭チェックしてきました ISO感度サンプル(訂正)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末発売されたSONY Cyber-shot DSC-RX100を早速チェックしてきました。
まずは高感度編。

撮影条件は、絞りf/2.8、ノイズリダクション:低、DRメニューでOFF、ホワイトバランス:晴天
(手持ちでごめんなさい)

◆まずはISO80から

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO80

◆ISO100

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO100

◆ISO125

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO125

◆ISO200

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO200

◆ISO400

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO400

◆ISO800

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO800

◆ISO1600

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO1600

◆ISO3200

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO3200

◆ISO6400

SONY Cybershot DSC-RX100 ISO6400

感想ですが、等倍で見るとISO3200まで少しずつノイズがアップするようですが、2020万画素あるのでシーンの中にある文字などの解像はそれほど落ちないですし、カラーバランスも殆ど変化しないようですし、階調も整っています。

ISO3200で少し露出傾向が変わり、ISO6400で目立つように明るくなるようなので、通常の撮影ではISO1600までが実用のようです。
2回テストしましたが、やはりISO6400で明らかに露出傾向が変わりました。

訂正:RX100の上限SSが1/2000ですが、ISO1600で1/1600となり、結果ISO3200から露出オーバー傾向が始まっていたようです。
コメント欄で教えていただきました、Hazedon555様に感謝いたします。
個人的にはX100でも同様の経験をしていてそれが活かせなったのが恥ずかしいですorz
(訂正ここまで)

個人的にはISO1600がスナップなどでいろいろ使える高感度だと思いますので、
やはり、1インチ+2020万画素というのはちょうど良いバランスポイントなのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “ソニーサイバーショット DSC-RX100 店頭チェックしてきました ISO感度サンプル(訂正)

  • 2012年7月7日 at 10:06 PM
    Permalink

    写真拝見しました。
    ISO3200から露出傾向が変わるとのコメントでしたが、
    絞りがf2.8固定で、ISO1600時のSSが1/1600です。
    従って、ISO3200時のSSは1/3200、ISO6400の時のSSは1/6400が適正露出ですが、
    RX100のSSは1/2000までなので、この条件で1/3200、ISO6400で撮ると、
    必然的にオーバーとなってしまいます。
    私も全く同じようなテストをキタムラでやったので、すぐにピンときました。

    Reply
    • 2012年7月7日 at 11:04 PM
      Permalink

      Hazedon555様、コメントありがとうございました。
      まったくご私的の通りでこれまで気が付かなかったのが恥ずかしいです。

      (言い訳)最近のカメラは高感度に強いので、条件を揃えるのが大変ですねorz

      Reply

コメントを残す