スポンサードリンク

品川でキヤノン EOS Kiss X6i ハンズオンでAFテストとか連写とかのチェック!動画アップしました(ちょっと訂正)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

品川歩いて@業務中 たらキヤノンプラザSにこんな看板が・・・・
ちょっと急ぎモードだったのですが、これはKiss X6iこの手で確かめたい!ということでハンズオンしてきました。

CANON EOS KISS X6i 体験
CANON EOS KISS X6i 体験 posted by (C)Dmaniax

まずは気になる像面位相差AFのチェックから
実はG1X持っていたのですが、近距離撮影出来ないので結局この動画はiPhone 4Sで撮影しました;;;;;;^^)

レンズはEF-S 18-135mm/F3.5-5.6 STM IS

感想としては、例えばオリンパスOM-D E-M5などのような爆速コントラストAFよりもう少しゆったりしている感じ。
やはり最後にコントラストAF使うせいかピントが前後した後にピント合わせます。

一方で動画撮影時のAFはまぁ普通にAIサーボしながら、コンティニュアスAFしています。
少なくともKiss X5と比較すると格段に実用的になっているようです。

次は、中級機並にアップした連写チェック!

こちらは、スポーツモードでの連写チェック。

X6iの設定がまったく判らなかったというか時間も無かったので、まずは手っ取り早くポーツモードでのチェックです。

EOS Kiss X6iのカタログですと、連写は22枚ということでしたが、それ以上確実に撮れていました。ただバッファフルになるとそれなりに開放時間が掛かるようですが。

こちらは、RAW+JPEG、Pモード、ドライブモードを連写にしてみた動画です。

但しその他の設定は、全く気にしていませんでした。
おそらく、ワンショットAFだったかな;;;^^)

ノイズリダクションのとかその他の設定は確かめていませんorz すいません。

ただ、RAW+JPEGの最大連続撮影枚数の3枚というスペックより、良い結果を出しているのは素晴らしいですね。

ちなみに、シャッター音は、Kiss X5より少々ノイジーになったかも高周波が抑えられ静かになっています。(後日再確認)。

その一方で、EF-S 18-55 IS STM レンズはこれまで以上にサイレントにスムースになっています。
また、ズーミング操作が動画撮影時でもちょうど良いというか柔らかく操作出来る感じ。
手動ズームですが、スムースさがすばらしく、動画撮影のズーミングでも大丈夫のようです。

という具合なので、ご参考にならないかもしれませんが、今度はじっくり触ってみようかなと思います。

p.s.

ちなみにキヤノンプラザの場合撮影自由なので良いですね。(係員の方に確認しました)
撮影出来ない代表としてはソニープラズですね(^^; ペンタックスも発表前の製品はだめでした。
リコーやオリンパスはOKでしたね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

4 thoughts on “品川でキヤノン EOS Kiss X6i ハンズオンでAFテストとか連写とかのチェック!動画アップしました(ちょっと訂正)

  • 2012年6月13日 at 1:57 AM
    Permalink

    お疲れさまです!参考になります。
    AFの動きは結構微妙な感じですね。
    行ったり来たりが残念でパナやオリンパスがコントラストAFでは先行してますね。
    もっとニコン1に近い動きなのかなと思ってたのですが?
    ミラーレス機のAFの完成度がもっと高い事を期待します。

    X6iもファームアップとかで改善できたら良いけど。

    あと動画時のAFの動画も見たかったです…(価格comの動画はウチのmacでは何故か見れませんでした)
    ピン送りとかがタッチパネルでスムーズに出来たら嬉しいんですよね。

    新しいSTMレンズは良さそうですね。
    Lレンズ以外はSTMが今後は増えていくのかもですね。
    前に電動ズームも噂されてましたが、これもスムーズにズーム出来るということで楽しみな。
    早くどちらも実機を触ってみたいです。
    まだお店に並ぶには時間ありそうで残念…

    連射等基本性能も上がってるので70Dや7D2がホント楽しみです。

    Reply
    • 2012年6月14日 at 11:09 AM
      Permalink

      動画撮影時のAFの具合も撮影してきました!今回もiPhoneでw
      流石に動画撮影時は行ったり来たりは発生しませんが、かなりゆっくり、言い換えればスムースにピントを合わせるチューニングのようです。
      後でアップしますね。

      STMレンズはいつフォーカシング機構が動いているか判らないくらいでした。

      Reply
  • 2012年6月15日 at 6:06 PM
    Permalink

    動画ありがとうございます。

    ライブビュー時のAF(スチル撮影)がトロいのは、キャノンらしからぬ意外な感じですね。ミラーレスに搭載してくるAFは、これとは別モノとは考えたいですが、どうなんでしょうね?

    Reply
    • 2012年6月17日 at 12:47 PM
      Permalink

      OVFでのAFより速いとなれば一眼レフの意味が無くなりますので逆チューニングされてるとか、、、、

      勿論冗談(゚o゚;;

      Reply

コメントを残す