スポンサードリンク

キヤノン EOS Kiss X6iはミラーレスカメラへの布石?(日経トレンディネット)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

像面位相差AF、タッチパネルを実現したCanon EOS Kiss X6iですが、日経トレンディネットではやはりミラーレスカメラへの布石では無いかという記事をアップしています。

AFを高速化したキヤノン「EOS Kiss X6i」、新技術はミラーレスへの布石か – デジタル – 日経トレンディネット

Via : AFを高速化したキヤノン「EOS Kiss X6i」、新技術はミラーレスへの布石か – デジタル – 日経トレンディネット

  • 撮像素子内に新たに位相差AFセンサーを搭載したのがポイント、一般的なミラーレス一眼並みの素早いピント合わせが可能に
  • タッチパネル化された液晶モニターの方式に、スマートフォンなどと同じ静電容量式のパネルを採用したのもポイント
  • EOS Kiss X5と比べると、本体サイズやデザインはほとんど変わっていない
  • EOS Kiss X5とボタン配置は変わらないが、MENUボタンなどは形状が改良され、押しやすさが向上
  • 画像処理エンジンが最新のDIGIC 5に変わったことで、高感度でもノイズの少ない撮影が楽しめるようになった
  • 室内や夜景の動画もビデオカメラやコンパクトデジカメと比べてきれいに撮れる
  • 「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」「EF40mm F2.8 STM」はスムーズな駆動が可能なステッピングモーターで素早く静かなオートフォーカスが可能に
  • これまでにない意欲的な改良を施してきたのが目を引く。シリーズの旧モデルからの買い替えや買い増しならば、「大きく進化した」「使いやすくなった」「画質がよくなった」と満足できるはずだ
  • 新たな技術や装備を見ると、いずれもミラーレス一眼に最適なもの
  • 新しい機能や提案がどれほどの実力を持つかだけでなく、今後キヤノンのデジタルカメラにおいてどのような広がりを見せていくかにも注目したい。

これまでの噂では、キヤノンのミラーレスカメラは、1.5インチセンサー機、そして、APS-C機の2機種が発売されるということです。

もしこれが本当だとすれば、キヤノンは、コンパクトデジタルカメラから進化しするミラーレスカメラと、一眼レフカメラから進化するミラーレスカメラを両方向から提案することになるということですね。

これは、Pentax Qと K-01の関係とも似ているかもしれませんが、ペンタックスが既存のコンポーネントを利用したのに対し、
キヤノンの場合はまず、G1XとX6iで、最新のセンサーや技術を完成さた後に、ミラーレス化というアプローチの大きな違いがあります。

これは市場調査と技術検証も兼ねているということなのでしょうか?
盤石というか、こんなこと出来るのはキヤノンの余裕かもしれませんね?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す