スポンサードリンク

キヤノン EOS 7D の機能強化ファームウェアV2が一瞬アップされていた?(canonrumor)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Canon EOS 7D のファームウェアV2ページがキヤノンのサポートページに一瞬だけアップされていたそうです。

I’m not sure when the official announcement will be, but the information below is an official Canon release that briefly appeared on a Canon CPN site.

Via : Canon EOS 7D Firmware Version 2 Coming Soon « Canon Rumors

現在は削除されているようですが、いつ正式にアップされるかは不明ということですが、とりあえずアップされていたEOS 7D のファームウェア V2の内容は以下の通り

  • RAE撮影時の連写性能向上
    • これまでRAW撮影時は15コマが26コマに大幅アップ
  • カメラ内RAW現像機能
    • 現像後にダイレクトプリントや、Wi-Fi転送に対応、但し、M-RAW やS-RAWファイルは非対応
    • 現像処理はホワイトバランス、ピクチャスタイル、高感度ノイズリダクション、カラースペース、レンズ補正を適用可能
  • イメージレーティング機能
    • 他のキヤノン一眼レフカメラと同様に、写真を1~5にレーティング出来る機能が追加
    • レーティングはAdobe Elements、Apple Aperture、DPPなどのソフトで利用可能
  • オートISOの上限設定
    • ISO最大値を400~600の間で設定可能に
  • EOSムービーでマニュアル音量設定が可能に
    • 入力64レベルで設定が可能
    • 再生音量は11レベル設定が可能
    • 音声ノイズリダクションや風切り音カットフィルタ機能も追加
  • JPEG リサイズ機能
    • JPEGイメージをリサイズして、別ファイルとして保存が可能。但し、縦横比の変更は出来ない
  • GPSユニット GP-E2 対応
    • EOS 5D mark IIIと同時発表されたGPSユニット GP-E2に対応
    • ケーブル接続しExifにジオタグを追加することが出来る。
  • 画像再生時のクイックコントロールボタン利用
    • (Q)ボタンを押すことで、画像保護、回転、イメージレーティング、リサイズイメージ、白飛び警告、AFポイント表示、画像ジャンプなどが素早く利用出来るようになる
  • ファイル名設定
    • ユーザーセッティング1でファイル名の頭4文字を設定可能
    • ユーザーセッティング2でファイル名の頭3文字と次の1文字をレコーディングクオリティ値として自動設定可能
  • タイムゾーン設定
    • 設定メニューにタイムゾーン及び、サマータイムの設定が可能に
  • 画像拡大時のスクロール速度向上
    • ピント確認が容易になる

 

ということで、2009年10月発売の7Dですが、キヤノンはしっかりサポートしているのが好感ですね。このファームウェアで大きく機能追加され、更に使い勝手がアップしそうです。
ユーザーの方にとってはかなり朗報だと思いますので、出来るだけ早く正式公開して欲しいですね。

勿論、後継モデル(EOS 7D mark IIの噂もありました)も気になるのですが・・・・

【GPSレシーバー】Canon[キヤノン] GP-E2

【GPSレシーバー】Canon[キヤノン] GP-E2
価格:19,900円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノン EOS 7D の機能強化ファームウェアV2が一瞬アップされていた?(canonrumor)

  • 2012年6月10日 at 12:45 AM
    Permalink

    毎日お疲れさまです。
    新製品が次から次で、もう何が何だかですね(^_^;A

    7D mk2 は70Dと同時くらいでしょうか?
    X6iがこれだけ性能上がったので70Dが7D並みになって7D mk2が透過ミラー機になるのではと思ってます。
    以前にキヤノンから透過ミラーの特許が出ていたので

    http://egami.blog.so-net.ne.jp/2011-11-27

    X6iの登場で、これはハイブリッドAF前提の技術だったのではないかと思いました。
    ソニーのEVF機に対抗するOVFの透過ミラー機生まれたらかなり魅力的ではないかと…

    ミラーアップの無い高速連射機能が最大の武器ですが個人的には現状のEVFはどれもカメラを振ると書き換えが追いつかないで絵が流れて動きものには使いにくいという印象です。
    これはまだまだ時間がかかると思うのでOVFにこだわるキヤノンからは透過ミラーOVF機出して欲しいと
    思いました。もちろんミラーアップ可能で!
    この技術が他社への特許封じで終わって欲しくないですね。(時期的にも像面位相差AFの特許と近いですし)

    最近ちょっと妄想過ぎてるかもですが(笑)

    Reply
    • 2012年6月10日 at 2:32 PM
      Permalink

      7D mark II が透過ミラー機というお話、納得出来るものがありますね。

      7Dのポジション的にも納得出来るものがありますし、ミラーレス、透過ミラー、一眼レフと特徴を生かしたカメラが出来そうですし。

      40年以上前、キヤノンはペリクルミラー機を出していましたのも何かの予感を感じさせるものがあります。

      ありがとうございました。

      Reply

コメントを残す