スポンサードリンク

キヤノン EOS 5D mark III 実写レビュー記事スチル編(PHOTO YODOBASHI)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨドバシカメラの写真レビューサイト、PHOTO YODOBASHIに、EOS 5D mark IIIのレビュー記事が掲載されています

5D MarkⅢの機能的なトピックが「・・・大幅に!」といったものではなく、何だか地味に映った方も多いと思います。しかし今回スチル撮影で感じたことですが、実にきめ細かな改良が施されていて、全方位において一つ次元の上がったカメラに仕上がっています。

Via : [PY] Canon EOS5D MarkⅢ 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

◆ボディ・使い勝手

  • ファインダーの出来の良さ
  • 写真を撮る道具として、撮り手に信頼を与える磨き上げに注力してきた印象
  • とにかくAFの精度と速度が向上した印象
  • 静音シャッター機能が抜群

◆画質

  • 一つ次元が上がった印象
  • PCで画像を拡げてみて驚き
  • 曖昧さの無い大変クリアな像を結ぶ
  • ベールがぬぐい去られたような画の明瞭
  • 繊細で緻密な線
  • 35mmフイルムからブローニーフイルムに感材を変えたような印象
  • デジタルの世界でも、これだけのメリハリが出てくるようになったのかと感慨深い
  • 画面全体の階調再現は素晴らしい
  • これだけのクリアさは、センサー・映像エンジンのトータルバランスの追求
  • 画質の追求に軸足がおかれ移行してきた、といった印象
  • 2000万画素超となると不満を感じないシャープさが得られる
  • 画のクリアさが増せば、微妙な光も描き分けられる
  • 階調再現力に磨きがかかったことで、奥行きを感じられる
  • ISO25600で撮影。多少画はフラット、ノイズもかなり載って来るがシーンによっては実用出来てしまう仕上がり
  • コマーシャルの世界の大変厳しい目で見ても、ISO1600あたりでも全く問題ない、5D MarkⅡではISO400あたりが安全ライン

◆まとめ

  • 実にきめ細かな改良
  • 全方位において一つ次元の上がったカメラに仕上がっている
  • 派手さの無いアップデートだが実際の撮影でかなり効くアップデートが満載
  • ピクセル単位で画を磨き上げてきた、そんな印象
  • 5D MarkⅡを使い込んできた人にとっては、ありがたい改良がたくさん
  • 5D MarkⅡユーザにこそ手にして欲しい
  • さらに信頼できるパートナー

やはり使ってみないと本当の良さは判らないカメラと言えるのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す