スポンサードリンク

ソニー α37発表 1610万画素 透過ミラー機

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニープレスリリースより

ソニーは、約448g(本体のみ)の小型軽量ボディに、有効約1610万画素 “Exmor”(エクスモア) APS HD CMOS センサー、画像処理エンジン「BIONZ」(ビオンズ)、“Translucent Mirror Technology”※3(トランスルーセントミラー・テクノロジー)を搭載したレンズ交換式一眼カメラ“α37”を発売します。
このカメラは、秒間最高7コマの高速連写※1ができ、AVCHDフルハイビジョン動画撮影中も高速・高精度な位相差検出方式オートフォーカス(AF)が常に作動し、運動会などの動きのあるシーンや、お子様が公園や遊園地で遊ぶ姿などのシーンを美しく撮影できるモデルです。

Via : 小型軽量で高速連写や高精度な動画撮影に適したレンズ交換式一眼カメラ“α37” | プレスリリース | ソニー

発売日 6月15日
価格 オープン価格

1. ソニー独自の“Translucent Mirror Technology”

2. 高性能電子ビューファインダー“Tru-Finder”により見たままの映像を撮影
視野率100%、36.2度のワイドな視野角、有効画素数最大144万ドット相当

3. 高精細でノイズの少ない映像撮影を可能にする、“Exmor”APS HD CMOSセンサー、画像処理エンジン「BIONZ」の搭載
有効約1610万画素の高解像度“Exmor”APS HD CMOSセンサー
画像処理エンジン「BIONZ」を採用。RAW段階でのノイズ低減処理
常用感度ISO16000まで
静止画撮影時:ISO100-16000(1EVステップ)、AUTO(ISO100-3200)
動画撮影時:ISO100-3200相当(1EVステップ)、AUTO(ISO100-3200相当)

4. 「クイックAFフルHDムービー」でAFが追従するAVCHDフルハイビジョン動画(60i/24p)撮影

5. 印象的な構図に仕上げる「オートポートレートフレーミング」機能

6. 解像感を維持しつつ光学2倍相当のズームを楽しめる“全画素超解像”ズーム

7. 多彩なアングルからの撮影を可能にする「チルト可動式液晶」

8. こだわりの表現を楽しめる合計15種類の「ピクチャーエフェクト」

9. 大きさ
外形寸法(W×H×D) 約124.4(幅)mm×92.0(高さ)mm×84.7(奥行き)mm
質量 約506g(バッテリーと“メモリースティックPROデュオ”を含む)、約448g(本体のみ)

SONY α37製品情報サイト

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す