スポンサードリンク

(訂正)ダメージ加工がとても似合うオリンパスOM-D E-M5(PEN PEN チョートクカメラ日記)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

チョートク先生こと田中長徳氏のブログに、なんと、紙やすりで“ダメージ加工”を施したOM-D E-M5の姿がアップされています。→金色ペンによる加工でしたm(_._)m

田中長徳先生によれば、この今後このダメージ加工をカメラメーカーに“売り込む”だそうですw

ところでこれだけ優れたデジカメが競争で登場している日本なのに、まだ日本の優秀なメーカーさがやっていないことが一つだけある。
これはどっかに売り込めば商売になるので今まで黙っていたのであるが、ここでもう明かしてしまおう。

Via : OM-Dに貫禄をつける特殊メークでカスタマイズ: PEN PEN チョートクカメラ日記

というか、この方法が通用するのは、金属ボディのカメラ、それも長徳先生のE-M5ように微妙に黄銅の金属地を出すにはカメラボディの材質の吟味が必要になりそうです。w

それにしてもブラックのOM-D E-M5をダメージ加工すると本当に良い感じですねぇ。
ペンタプリズム部も金属製ですし、ダイアル類も同じ材質のようで、、、黄銅色が出ているのは、真鍮なんでしょうかねぇ

なんだか、OM-Dが欲しくなってきたぞwww

で、皆さんがこの紙やすりによるダメージ加工を真似される時は、ご自分のカメラのボディが何で出来ているか良く確認の上、自己責任でお願いします(^^;;
また、田中長徳先生もご指摘されているように、こんなふうにしちゃうとカメラの下取り価格が確実に“かなり”下がりますので注意してくださいwww

ダメージドジーンズや、レリックギターに続き、“使い込んだビンテージ風”カメラを最初に発売するのはどのメーカーになるのでしょうか?
楽しみですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

6 thoughts on “(訂正)ダメージ加工がとても似合うオリンパスOM-D E-M5(PEN PEN チョートクカメラ日記)

  • 2012年5月3日 at 11:25 PM
    Permalink

    このダメージ加工は、ヤスリで削ったのではなく、金色にペイントしたものです。ボディも真鍮ではありません。ペイントですから、フェイクとしてプラスチックボディにも応用できるようです。ペイントを落とせば、ちゃんと中古に出せると書いてあります。

    Reply
    • 2012年5月6日 at 1:11 AM
      Permalink

      教えて頂いてありがとうございました。
      RSSで読んでいたので、元記事をちゃんと最後まで読むべきでした。
      今後とも宜しくお願いいたします。

      Reply
  • 2012年5月4日 at 12:02 AM
    Permalink

    いえいえ違いますよ。
    「金色のマーカー」を使っての加工のようですよ。

    Reply
    • 2012年5月6日 at 1:09 AM
      Permalink

      そのとおりですorz。最後まで読んでませんでした。申し訳ありませんでし。

      Reply
  • 2012年5月5日 at 3:56 PM
    Permalink

    新品のボディに、自分でダメージ加工する度胸は自分には到底ありませんが、ダメージ加工の似合うカメラというのはそう多くはないでしょうね--。

    Reply
    • 2012年5月6日 at 12:58 AM
      Permalink

      E-M5のように直線的なエッジがあるカメラが似合うようですねー。EOS機はだめかもw

      Reply

コメントを残す