スポンサードリンク

パナソニックのボディ側手ブレ補正補正特許(エンジニアの嗜み)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアの嗜み様に、パナソニックのボディ側手ブレ補正の特許についての解説が掲載されています。

両方搭載するのが一番良いんです。 パナソニックはレンズ内とボディ内手振れ補正を適応的に使い分ける最初のメーカーになるのかもしれませんね。

Via : Panasonic ボディ内手振れ補正で小型化する特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

三脚穴をボディ中心に配置することを考えたユニットの小型化特許ということですが。近い将来ボディ+レンズのハイブリッドな手ぶれ補正に対応する機種が出て来るかもしれませんね。

Manfrotto/マンフロット フルードビデオ一脚[560B-1]

Manfrotto/マンフロット フルードビデオ一脚[560B-1]
価格:13,970円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “パナソニックのボディ側手ブレ補正補正特許(エンジニアの嗜み)

  • 2012年4月16日 at 6:10 PM
    Permalink

    >両方搭載するのが一番良いんです。

    両方搭載するのがいいのなら、パナソニックは「正しい」ことをしてるんでしょうね。当たり前のことを当たり前にやることは、案外侮れないと思いますね。

    Reply
    • 2012年4月17日 at 3:02 PM
      Permalink

      幅広い研究開発を継続出来るのがパナソニックのようなトップメーカたる所以かもしれませんね。

      Reply

コメントを残す