スポンサードリンク

スクエアセンサーと言われるソニーA1Sあるいはα1sのプロトタイプスペック情報(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日スクエアフルサイズセンサーという驚きの噂を投入したsonyalpharumorsですが、彼らの情報源が、正方センサーを持つ透過ミラー機のプロトタイプに関する情報を伝えて来たそうです。

勿論プロトタイプということですので、これがそのまま市販化されるとは限らないので、注意ということです。

One of the sources that told me about the SLT camera prototype with square sensor send me some info. Please be aware that this is a camera prototype and that there is no way to be sure yet that it is coming for real.

Via : sonyalpharumors | Blog | (SR2) First specs about the A1S square sensor…

1) 3700万画素
2) 36mm x 36mm 正方イメージセンサー
3) 現行の全てのαマウントレンズで動作可能
4)これまでで最大のカメラになる(ソニーα900以上)
5) 透過ミラー技術で旧式のミラーボックスと光学ファインダー技術のカメラより小型にすることが出来る
6)新生代の正方ビューファインダー
7) 3×3 インチOLED ディスプレイ

36mmのスクエアセンサーですが、やはり、異なるフォーマットを切り替えられたり、あるいは、撮影後に調整出来るカメラになるでしょうということです。

こちらが、かつて正方センサーを採用していたKODAK PROFESSIONAL DCS Pro Back 645

そのスペックは 
撮像素子  36.86×36.86mm フルフレーム方式1,600万画素  
撮像感度 ISO 100-400 相当(1/3ステップ)
連続撮影 最大連続撮影コマ数:8コマ連続撮影可能(ポータブルモード撮影)、最高1コマ/1.63秒(1-5コマ)、1コマ/2.5秒(6-8コマ)

ジャンルとしては中判645カメラ用シングルショットタイプ デジタルカメラバック、ということですから、ソニーが36mm☓36mmセンサーを出すならば、それは中判フォーマット言っても良いかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “スクエアセンサーと言われるソニーA1Sあるいはα1sのプロトタイプスペック情報(sonyalpharumors)

  • 2012年3月23日 at 4:59 PM
    Permalink

    各社の中判カメラ、意外と早く製品化されそうな予感がします。ペンタックス、キャノン、ソニーが出すなら、ニコンも出すと読むべきなのでしょうか…。ソニーはAマウントレンズが使えるのは大きいですね!それにしても、従来の製品カテゴリーが崩れていく予感…。ここで主導権を握るのは恐らくソニーとなるのでしょうか!?

    Reply
    • 2012年3月24日 at 9:18 PM
      Permalink

      やはりイメージセンサーとレンズを製造出来るメーカーが主導権を握るということでしょうかね。
      ニコンのFマウントは、マウント径が小型なので中判化は難しいかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す