スポンサードリンク

ペンタックス K-01レビュー記事(ITmedia)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ついついデザインに目が行ってしまう、PENTAX K-01ですが、その使い勝手はどんな感じなのでしょうか?

Via : 動画やHDRなどを楽しみたいレンズ資産豊富なミラーレス 「PENTAX K-01」 (1/4) – ITmedia デジカメプラス

 

◆デザイン

  • オリジナリティあふれる外観デザイン。特にイエローはポップなカラーリングに独特なデザインが映える外観
  • 一見してゴロッとしたデザイン。曲面を生かした愛嬌のあるデザイン
  • 全体的に柔らかな印象のデザイン
  • 横幅と厚みは一般的なデジタル一眼レフ並みにある、この割り切りはびっくり
  • コンパクトになってはいるが、ほかのミラーレスのような小ささはない
  • ダイヤルやスイッチの大きさ、デザイン、感触など、よく考えられていて感触はいい
  • ダイヤル類に使われているつや消しのアルミ合金の見栄え、手触りは良好
  • 背面液晶をファインダーとして使う撮影方法を前提とした操作性、独特のデザインが特徴

◆メニュー

  • AUTOモードでも設定できる項目が多いのはいい。
  • 主要な撮影設定がINFO画面に集められているので、メニュー画面の深くから探して設定する手間はなく、操作性はいい
  • 1画面内に設定が収まっているため、設定項目を探しやすい。
  • 細かな設定も変更可能
  • ISOオートを選んでダイヤルを回すと、ISO感度上限を切り替えられるので、シーンによって素早く上限を設定できる

◆AF

  • AFはコントラストAFを採用。高速化してきているとは言えそれほど速くはない
  • 一昔前のミラーレスカメラのAFに比べれば速い
  • 激しいスポーツや動き回る子どもといったシーンでもなければ実用的
  • AF速度はレンズ側の性能にも左右されるので、特に古いレンズだと、決して速いとは言えない

◆「smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS」

  • 外観としては、レンズというよりもボディキャップをつけているような感覚
  • 1センチも厚くならないという脅威的な薄さ
  • 非常にコンパクトなシステムとなる
  • とにかく薄く軽く、カメラとの一体感もいい
  • 61ミリ相当で、室内や広い風景を撮りたいといった要望には向かない
  • ボディキャップ代わりに常につけておき、必要に応じてレンズ交換をするといい

◆動画

  • 露出のマニュアル設定が可能な点は強み
  • smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XSでも、ピント合わせ時のAFモーター音はそれなりにする
  • 追尾AFもあるが、MFの方がいい
  • 撮影モードが選べ。カスタムイメージやデジタルフィルターを使った撮影もでき、動画撮影機能は強力
  • 動きのあるシーンでブロックノイズが発、ビットレートは抑えめのような印象
  • 画質としてはもう一息といった印象だが、表現力の高さは良好

◆まとめ

  • レンズをそのまま使えるという意味では「最もレンズラインナップのそろったミラーレスカメラ」
  • ミラーレスカメラの特徴であるコンパクトさはないが、従来の資産を生かしたミラーレスカメラとして利用できる
  • ミラーレスにありがちな「初心者向けのユーザーインタフェース」ではない
  • Kシリーズと共通した撮影機能、設定の豊富さなど、高機能なカメラ
  • 動体はK-r、動画やHDRなどの特殊撮影ではK-01といった使い分けもできそう

従来のKマウントレンズを使った動画撮影に強いというのは、触っただけでは気が付かないポイントかもしれませんね。

YouTubeにサンプル動画もアップされています。

ペンタックス ストラップ O-ST120

ペンタックス ストラップ O-ST120
価格:2,300円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す