スポンサードリンク

キヤノン Powershot G1 X 詳細レビュー(dcresource)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

dcresourceにCanon Powershot G1Xのかなり詳細なレビュー記事が掲載されています。

The Canon PowerShot G1 X ($799) may look like “just another G-Series camera”, but it’s got one big trick up its sleeve (or should I say, its lens). The G1 X features a 1.5″ (18.7 x 14.0 mm), 14.3 Megapixel CMOS sensor, which is 6.7 times bigger than the already larger-than-average sensor in the PowerShot G12.

Via : Canon PowerShot G1 X Review | Digital Camera Resource Page

Powershot G12との大きさ比較

Powershot G12、Olympus E-P3、EOS Kiss X4とISO3200での比較

イメージギャラリー

などなど詳細なレビューを見ることが出来ます。

◆良いところ

  • 素晴らしい画質、高感度まで低ノイズ
  • ソリッド造りのボディ、多数のダイアルとダイレクトボタン
  • 光学式手ぶれ補正
  • 高解像度の3インチ可動LCDディスプレイ
  • 光学ファインダーが付いていること
  • フルマニュアルコントロール、RAWがサポートされていること
  • スマートオートモードでの自動シーン選択
  • 多数のシーンモードとクリエイティブフィルター
  • ダイナミックレンジ拡張とHDR機能(三脚が必要だが)
  • カスタマイズボタン、メニュー、モードダイヤルで設定出来ること
  • 電子水準器
  • 内蔵NDフィルター
  • 赤目を後処理で消す機能
  • フルHD (1080/24p) 動画撮影、ステレオ音声、光学ズームが使えること
  • 外部ストロボ、レンズフード、フィルタ、水中ハウジング、リモートレリーズなど拡張性

◆イマイチのところ

  • 白飛びしやすい
  • ズームが遅い
  • AF性能は改善すべき
  • 最短撮影距離が短い、更に頻繁にマクロモードに切り替える必要があること
  • うるさいデザイン、嵩張るボディ、ビューファインダーからレンズが見えること、三脚使用時にメモリカードにアクセス出来ないこと
  • 24fpsの動画がすこしぎこちないこと、マニュアルコントロールが出来ないこと
  • 役にたたない連写モード
  • バッテリーライフが普通
  • 操作説明書がCD-ROMであること

ということで、DCresourceでの画質評価が“Excellent ”と表記されるのは、最上級の場合なのでやはりG1Xの画質はコンデジの中では最も良い部類ということですね。一方でこれまで指摘されているようにAFの遅さと最短撮影距離が弱点です。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノン Powershot G1 X 詳細レビュー(dcresource)

  • 2012年3月18日 at 9:09 PM
    Permalink

    うーん、ボディのデザインはG12の方が好きです。G1Xがあったから、おなじAPS-CのKiss X6の発表を春からずらしたのかも?と考える今日この頃。もしそうだとしたら、秋口に発表?(最近の運動会は9月だから8月くらいにX6発表でしょうか?)

    Reply
    • 2012年3月20日 at 11:58 AM
      Permalink

      G1Xのデザインはロボットみたいですねw
      G1Xはファミリー向けでは無さそうなので、G1Xとは関係無いとは思いますが、震災や洪水の影響によってロードマップに影響があるのかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す