スポンサードリンク

シグマ 30mm F2.8 EX DN 開封、レビュー、作例(by Tobias Giesen)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

シグマのミラーレス一眼専用レンズ SIGMA 30mm F2.8 EX DNのレビュー記事です。
テストに用いられているボディはパナソニック LUMIX DMC-G3なのでマイクロフォーサーズの方です。

  • マイクロフォーサーズ用として待ち望んでいた画角のレンズ
  • レンズの感触は良い
  • AFモーターはクイックかつ静か
  • パナソニック20mm F1.7レンズよりも高速かつ静か
  • MFでは無限大からフォーカシングする際にモーターのステップのような感触がある、逆は静か。
  • フォーカシングリングはプラスチック製でその感触はラバーリングを持たない幾つかのパナソニック製レンズに似ている
  • 近距離の被写体でのMFで思った通りに正確に合焦させることが出来る
  • インナーフォーカスによって、外部に動く部分が無く堅牢な構造となっている
  • F2.8からF8までかなりシャープ、F11から回析ボケが発生する
  • 周辺光量の低下は感じられなかった
  • シャープなレンズだけに色収差見られるのが残念
  • パナソニックボディでも色収差が補正されていないのが興味深い
  • オリンパスボディで パナソニック・ライカ 25mmレンズを用いるとクリックノイズが発生するが、このレンズでは少しソフト
  • ISは搭載されていないがレンズ着脱時に内部エレメントの動作音が発生する

 

作例の方でお子様の髪の毛1本1本が描写されているのが素晴らしいですが、このレンズは実売1万円台後半ということなので、コストパフォーマンスは抜群なのでは無いでしょうか?

 

シグマ山木社長のこのレンズに対するつぶやき

逆にこの30mmレンズと同じ設計思想のレンズがDP2 Merrillに組み込まれる筈ですが、今回の作例を見ていると、開放からシャープな素晴らしいレンズのようです。
FOVEON Merrlll の性能をフルに発揮させると思われる更にリファインされた30mmレンズが搭載されたDP2Mの登場も楽しみになりました。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す