スポンサードリンク

??ソニーはAPS-Cのサイバーショットを準備している??(fotoactualidad)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは大型センサーを持つコンパクトデジタルカメラ、つまりG1Xの対抗を準備しているということなのでしょうか?
漠然とした情報ということですが、fotoactualidad.comがAPS-Cセンサーを搭載したサイバーショットが出る兆候があるというネタを投下ました。

Information is still vague, a rumor suggests that Sony would be to launch a new Cybershot compact dimensions with fixed lens and APS-C sensor, which would come to stand up to the Canon Powershot G1X .

Via : Sony Cybershot Super APS-C sensor on the way?

2005年に発表したソニーのCybershot R-1はAPS-Cサイズに近いセンサーとCarlZeissレンズを組み合わせたハイエンドコンパクトでしたが、高価だったせいか販売台数的にはそれほど成功したとは言えず、後継が出ること無くディスコンになってしまいました。

3月発売のキヤノンPowershot G1Xが成功するのなら、ソニーが同じカテゴリとして追撃する可能性もアリかもしれませんね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “??ソニーはAPS-Cのサイバーショットを準備している??(fotoactualidad)

  • 2012年2月22日 at 11:25 AM
    Permalink

    これはまた『(面白い情報を)放りこんで』きましたね。DSC-R1にはグラッときた一人です。ソニーの製品は面白いのですが、もう少しコストを考えて欲しいですね。

    Reply
    • 2012年2月22日 at 1:07 PM
      Permalink

      確かにR1はかなり高価でしたが、売れなかったせいかソニーストアのアウトレットで一瞬7万円くらいで販売されていました。
      マジ買おうかなと思ったら売り切れたのを思い出します。
      1080万画素、24mm-120mm CarlZeissズーム、可動液晶というスペックを考えると、これに2400万画素搭載してR-2として売り出すだけでも(但し10万円以下)欲しくなりますw

      Reply

コメントを残す