スポンサードリンク

富士フイルムX-Pro 1 v.s.マミヤ645+Valviaフィルム比較サンプルイメージ(lenstip)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フイルムX-Pro1と、なんとマミヤ645にホンモノwのVelviaで撮影したスキャン画像の比較イメージがアップされています。

Moreover, at the bottom of the page one can find the comparison of the TIFF files from X-Pro1 to TIFF files obtained by scanning photos obtained on Mamiya 645 camera with Fujifilm Velvia 100F film. Both sets of photos were shot in similar conditions. These photographs are made by Wojciech Wojtczak and are presented thanks to the Fujifilm Poland company.

Via : Fujifilm FinePix X-Pro1 – sample images – Lenstip.com

そんな極端なカメラを用いた比較に意味があるのか無いのか?あるいは参考になるのか判りませんが、とにかく面白い比較ですね!

スキャンデータと比較するためなのか、TIFデータでアップロードされ、1枚70M以上というサイズになっているので取り扱い注意!w
X-Pro1の画像をEXIFで見るとRAWで撮影され、Lighitroom 3.5で現像されているように見えます。
当然Adobe Camera RAWではX-Pro1には未対応と思われますので、ちょっとしたトリックを使っているのかもしれません。

カメラ機種対応表(Camera Raw)

フルサイズ一眼レフデジタルカメラを超えると言う富士フイルムX-Pro1ですが、中判銀塩カメラを超えることができているのでしょうか?

個人的に注目なのは2枚目ですが、マミヤ645の方は銀塩ビルビアのマゼンダっぽい特徴が出ているのですが、X-Pro1は若干イエロー寄りになっていますね。
ホワイトバランスはAs Shot 、トーンカーブはリニアになっていますのでLighitroomではリニア現像と思われます。
どうせなら、X-Pro1に搭載されているVelviaモードで撮影されたJPEGも一緒に載せて欲しかったぞw

ということで、X-Pro1で銀塩移行される方はlenstipのサンプルイメージでじっくり比較してみてくださいね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す