スポンサードリンク

キヤノン Powershot G1 X スタジオテストイメージ比較(DPreview)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DPreviewにCanon Powershot G1Xをスタジオでテストしたサンプルイメージが掲載されています

We’ve shot our standard test scene with Canon’s latest PowerShot G1 X large-sensor compact camera.

Via : Just Posted: Canon G1 X studio test samples: Digital Photography Review

他のカメラと等倍で比較出来るようになっているのでじっくりと検討することができますね。

ちなみにセンター部はお札の顔の印刷部、周辺部は右下の腕時計を見ると判り易いとおもいます。

◆ISO100 JPEGでの感想
G1XはEos Kiss X5と比較してセンター部では同等かやや落ちるくらい、周辺部ではKiss X5の方が若干良いですね。
一方でマイクロフォーサーズのE-P3や一世代前1400万画素APS-Cのミラーレス機NEX-5に対してはセンターでもG1Xの方が良い位。
GXRのA12 50mmマクロと同等くらい見えます。

645Dやα900、α77、NEX-7等はセンター部で、お札の印刷ラインが双方向に再現されていますが、5D mark IIも含めた殆どの一眼カメラでは一方向しか再現し切れていません。コンパクト機では完全に潰れている機種が多いですね。

それにしてもKiss X5はEOS 60Dよりも良いように見えるのは”当たり”なのでしょうか。
APS-C機の中で凄いのがNEX-7やα77。
流石2400万画素は伊達で無くAPS-C機でフルサイズと同等以上の解像度のようです。

◆ISO100 RAWでの感想
RAWにするといずれのカメラも解像度はアップし、G1Xも含めて一眼カメラではセンター部のお札線が再現されています。
一方でマイクロフォーサーズやコンパクトではRAWでも厳しいようです。

とりあえずG1XはNEX-7やα77以外にはAPS-C機とほぼ同等の実力を持っていると言って良いのでは無いでしょうか。

◆ISO1600 JPEGでの感想
G1XとEOS Kissを比較すると、やはり若干X5の方が良いようですが、多くの一眼カメラと同等以上の高感度性能に見えます。
(センサーサイズからすると当然だとおもいますが)

ちなみに、周辺部に行くとG1Xは解像度が落ちる部分があり、一部E-P3と逆転している部分があります。レンズ性能とノイズリダクションの相性があるですね。

◆ISO1600 RAWでの感想
これはもうG1Xは完全に一眼レフカメラと同等で素晴らしい高感度性能ですね。
RAW現像される方はとりあえずISO1600でこれくらいの画質で写ればかなり満足なのでは無いでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す