スポンサードリンク

ソニー NEX-7レポート記事(C-TECバックルーム3)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月27日に“やっと”発売される、SONY NEX-7のレポート記事です。

作例の紹介はできませんがNEX-7を実際に使わせてもらってみての感想をレポートしたいと思います。

Via : デジタル一眼『NEX-7』 本当の店員の声 :C-TECバックルーム3:So-netブログ

NEX-7本体は評価用の試作機

◆コンパクトさ

  • NEX-7を単品で持たされると全然大きさを感じない。見た目も持った感じもそれほど5Nと変わらない。
  • NEX-5Nに有機ELファインダーを装着するとNEX-7の方がコンパクトに見える。NEX-7はフラッシュを内蔵している。
  • 内蔵フラッシュは極端なポップアップ、高さを稼ぐ様な作り。

◆交換レンズ

  • αと同じアクセサリーシューなので安心してNEX-7に乗り換えることができそう。
  • 単焦点カールツァイス「SEL24F18Z」の装着はかっこよすぎ。
  • αマウントレンズを装備してみると、NEX-7のブラックボディが全然違和感なくマッチ。

◆操作性

  • トライダイヤルナビのすごさを思い知った
  • クリエイティブスタイルなどソフトウェア面でもNEX-5Nとは差が付けられていて、エントリークラスとの違いを見せつけてくれている
  • 今までのカメラの常識を覆すというか、“α77”よりも上の操作性を実現してくれるのかも

◆まとめ

  • NEX-7は1枚の写真をより完璧に決定版的な写真作品にしてシャッターを切りたいと思わせてくれるカメラ
  • いろんなレンズを付け替えて写真を楽しむ、というよりは、1本のレンズにとことんつきあって、自分で納得のいく写真をつきつめていくカメラ

NEX-7はAPS-C機最高の画素数ですし、素晴らしい操作系のようで、ハイエンドのミラーレス機として富士フイルムX-Pro1や、オリンパスのOM-Dとの対決が楽しみですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す