スポンサードリンク

ペンタックスのミラーレスに関するインタビュー(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペンタックスリコーイメージング商品企画グループマネジャーの川内拓氏へのインタビュー記事

◆645D

  • 風景写真に特化するという割り切りで開発したが、それ以外の用途でも高い評価
  • コマーシャル写真の分野でも使われるようになってきている
  • 中国での販売も予想以上に伸びている

◆PENTAX Q

  • 検討は5~7年、開発に着手は2010年初夏
  • “Auto110のデジタル化”を意識
  • 携帯性を重視。いつでもスマートフォンや携帯電話では撮れないような写真が撮影できる
  • マイクロフォーサーズではまだ大きいと思った
  • レンズをたくさん購入できる安さと、レンズをたくさん持ち歩けるコンパクトさの両方が必要
  • CIPAの統計を見ているとミラーレス機だけでなく、一眼レフカメラでも付帯数の平均が2本を大きく下回っている
  • PENTAX Qのレンズ付帯率は、平均を大きく越えていることは間違いない
  • 計画以上の販売
  • 想像よりもイメージサークルは大きく余裕を持たせた設計
  • 1/2.3インチに特化した設計でない
  • 価格を下げて売り込むのではなく、製品企画、フォーマット、レンズとしての魅力を高めていく
  • PENTAX Qのフォーマットをオープン化は方針を決めていない
  • 望遠系のレンズを充実させる
  • 2012年はQのシステムを拡大

◆ Kマウントレンズ

  • 新しいタイプのレンズに挑戦

◆ミラーレス

  • 事業の軸足をミラーレス機にシフトしようとは思っていなかった
  • 一番心配だったのは、ペンタックスもミラーレスに行っちゃうんだな、という思い込みをされること

ということで、噂のフルサイズや、第二のミラーレスカメラについては、情報が無いのが残念です。

こちらのインタビューからトーンダウンしたのでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す