スポンサードリンク

2011年最も売れた一眼はNikon D3100(BCNランキング)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラーレス一眼が人気だった2011年ですが、最も売れたカメラはニコンD3100ということです。

D3100はNikonロゴが付いていならがもミラーレスカメラ並の価格ということで、かなりお買い得感がある商品ですね。

中級機で一番売れたのはキヤノンEOS 60D、当初EOS 7DとKiss X5の間でシェアの伸びが少なかった60Dですが、結果的に最も売れた中級機となっているのも興味深いですね。

次にミラーレスで最も売れたのはパナソニックLUMIX DMC-GF2ということです。

但し、オリンパス、パナソニック、ソニーの各機種のシェアを合計して見ると・・・・
オリンパス 32.3%
ソニー   27.6%
パナソニック 21.3%
とオリンパスが一番シェアを獲得しています。

更に、オリンパスは例の事件が発覚した後の11月でシェアを急に伸ばしているのは新製品効果ということだけでしょうか?

ニコンのミラーレス参戦、来年はキヤノンもミラーレスに参入するという噂もありますので、シェア争いも益々激しくなることが予測出来ます。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

4 thoughts on “2011年最も売れた一眼はNikon D3100(BCNランキング)

  • 2011年12月30日 at 12:23 AM
    Permalink

    フルサイズはやっぱり全然うれてないんですね。

    Reply
    • 2011年12月30日 at 9:52 PM
      Permalink

      売れているカメラを見ると結局、女子力に負けているという感じでしょうか?

      Reply
  • 2011年12月30日 at 10:16 AM
    Permalink

    EOS Kiss X50 は、D3100 に対抗した機種だと認識していますが惨敗でしたね。売れ筋は、やはりエントリー向けですね。エントリーのターゲットは女性ユーザーだと思いますが、エントリー機種の中でも、意外にも比較的高性能の機種が好まれているように思います。

    上記のリストを見ると、みんな女性層を狙った機種ばかり。ミラーレスという仕掛けは、やはり女性新規ユーザーの獲得手段だったのかと、1年を振り返って思います。でもその流れも一巡したようですし、2012年は男性向けのハイエンドが期待できそうですね。

    Reply
    • 2011年12月30日 at 10:03 PM
      Permalink

      年初にはNEX-7の発売、そして富士のミラーレスの発表、SIGMA のAPS-C化とマニアの方納得のカメラが続々と発表、発売されそうです。
      エントリ向けでも既にどのカメラ選んでも画質は文句無しになっていますので、今後は女性の方も男性の方も中途半端なカメラでは買い替えは期待出来ないかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す