スポンサードリンク

RICOH GR DIGITAL IVが最高のスナップショットカメラである理由(Photo of the day)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真家の田中希美男さんのブログでGRD4絶賛状態です。

現在のデジタルカメラの中でGR-D IVはスナップショットカメラとして、オンリーワンとは言わないまでも「ベストワン」のカメラではないだろうか。

Photo of the Day なぜ、最高のスナップショットカメラ、なのか

◆スナップショットカメラとして「ベストワン」のカメラである理由

  1. 小型で軽量
    • 小型で軽量、なおかつ薄型
    • 洋服のポケットに気軽に入れておくこともできる
  2. 正確で素早いピント合わせ
    • 急いでシャッターを切っても正確にピントが合ってくれ
  3. 確実なフレーミング
    • 明るいシーンでもくっきりと良く見える視認性の優れたモニター
  4. 優れた描写性
    • ブレの少ない高品質な写真
    • 色調もナチュラルでとっても良い写り
  5. シンプルな操作性
    • 感じたらすぐにカメラを取り出して素早く写せる
  6. 速写性
    • 「撮りたい」と思ったときに、さっと取り出せる
    • メインスイッチを入れればすぐに写せる速写性

◆GRD IIIとの比較

  • レンズ、撮像センサーも同じなのに、なぜこんなにも写りが違ってしまうのか不思議
  • 高ISO感度のノイズの目立ち具合が「月とすっぽん」ぐらい違う
  • 高感度の画質に強いこだわりがあるのであれば、迷うことなくⅣ型に
  • ももっともっと気になる「進化」がある。少し使ってみただけで地団駄

ということで、GRD3ユーザーの方にとっては刺激的な記事ですね。

確か田中先生は、GRD2⇒GRD3の時も“過激”な記事を書かれていましたが・・・

いささか過激なアドバイスになるが、もし、このGR-D III の購入を、うーむどうしよかなあ…、と真剣に迷っているなら、この際、思い切って買ってしまってもいいんではないか。使ってみればきっと満足するに違いない、と思う。とくに、初代GR-Dや二代目GR-D IIを使ったことのある人にとっては ―― ぼくがそうなんだけど ―― この三代目GR-D IIIをほんの短時間操作してみただけで、デキの良さがすぐにわかる。とにかく、前、前々モデルとは“段違い”に良くなっている。そう言う意味では、最近では珍しく大変に「わかりやすい」カメラだ。

Photo of the Day 多忙でした…

非常に解りやすい記事ですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す