スポンサードリンク

オリンパス新PENの新AFシステムは革命的!キヤノンのAFに負けない爆速?(43rumors.com)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパスPENの3機種(E-PM1、E-PL3、E-3)が今月末発表されるという情報に続き、今回のPENシリーズの目玉は、爆速AFが搭載されているという情報。

The biggest new feature of the upcoming new PEN cameras is the completely new and almost revolutionary autofocus system!

Via: 43 Rumors | Blog | (FT5) Olympus “reinvents” the AF system! It is incredibly fast!

“revolutionary ”と革命的な速さを実現しているそうで、何とこれまでマイクロフォーサーズ機最速AFと言われているパナソニックGH2より速く確実に実感(叫んでしまう)できるということ。(ちなみにGH2は Panasonic 14-140mmレンズを装着した時に0.1秒のAFを実現しています)

更に!
この新AFは、既存のキヤノン一眼レフ(例えばEOS 5D mk2)の位相差AFと同等に高速とも書かれています。

但し、ですが、この超高速AFが利用出来るのは、オリンパスが今後発売する新レンズを使った時(例えば12mm f/2.0 レンズなど)ということ。
これはオリンパス新設計のイメージセンサーと処理エンジン、そして新AFシステムを搭載したレンズの組み合わせで超高速動作するそうなんです。

もし、本当にマイクロフォーサーズのコントラストAFで一眼の位相差AF並の速度が実現出来たのなら、オリンパスが予告しているプロ用の一眼もマイクロフォーサーズに移行するポイントとなるかもしれませんね。

ところでこの超高速AFは、今回発表される(筈の)3つのマイクロフォーサーズボディに全て搭載されるのでしょうか?
3つとも同じセンサーを使っているということなので、可能性が高いですが、となれば、このAFシステムを生かす新レンズ12mm F2.0?も同時に発表しなければ、筋が通らないかもしれませんね。

43rumors.comでは更に情報を収集しているということなので、続報を待ちましょう。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す