スポンサードリンク

Panasonic GF3とSONY NEX-C3外観比較記事(デジカメプラス)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

共に世界最小最軽量というキャッチフレーズでデビューした、ミラーレス一眼、ソニーNEX-C3とパナソニックGF3の外観を比較した記事。

◆両機のサイズと重量は。。。
NEX-C3  109.6 ×60 ×33mm /225グラム(本体のみ)
DMC-GF3 107.7 ×67.1 ×32.5mm/約222グラム(本体のみ)

◆ディスプレイサイズは
NEX-C3 バリアングル式3型ワイド(92万画素)
DMC-GF3 3型タッチスクリーン(46万画素)

◆フラッシュ
NEX-C3 外付け
DMC-GF3 内蔵

◆手ぶれ補正
NEX-C3 レンズ側
DMC-GF3 レンズ側

と拮抗しているのに対し、パンケーキレンズを付けた組み合わせでは、GF3有利の方がコンパクトに纏まるようです。

一方、NEX-5との比較も加えたこちらの写真を見る限り、NEX-5が最もコンパクトな印象もあります。

ちなみに、価格ですが、現時点ではNEX-C3ズームレンズキットがほぼ6万円、GF3パンケーキレンズキットが6.7万円とNEX-C3の方がお買い得の印象もあります。

とにかく、NEX-C3もGF3も小型軽量としては、十分のような気がします。
これ以上小さくなると、交換レンズによっては、ホールド性や、ボタンなどの操作性にも影響が出そうですね。

ニコンとペンタックスから出ると噂されているより小型のセンサーを用いたミラーレスは更に小さくなっちゃうのでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す