スポンサードリンク

ライカのレンズは半分に切っても美しい

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカMマウントのLeica Tri-Elmar-M 28-35-50mmを真っ二つにしたのがコレ


なんと、高価なレンズを見事真っ二つな理由は、ライカの構造を学ぶ為の学習用のカットモデル(勿論元は実物)ということです。

金属で構成された複雑な鏡筒、見れば見るほど素晴らしいですね〜

こちらは、Leica 50mm f/1.4 Summilux M ASPHのカットモデル

こちらは、大口径レンズということもあり、正にガラスと金属の塊!って感じですね。

最近のレンズはプラスチック部分が多かったり、基板やモーターなどが入っていたりするので、カットしてもここまで美しくは無いかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す