スポンサードリンク

富士フイルム FinePix X100 レビュー記事とサンプルイメージ(dcresource.com)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

dcresourceに富士フイルムFinePix X100の詳細なレビュー記事が掲載アップされています。

In a world of me-too compact cameras, Fuji has come up with something decidedly different. Their long-awaited FinePix X100 ($1199) is a rangefinder-style, fixed lens camera with an APS-C sensor and unique hybrid viewfinder. They’re not the first manufacturer to do the fixed lens / big sensor combo (Sigma’s been at it for several years), but the FinePix X100 is a lot more professional in terms of design, features, and performance.


dcresourceのレビューはいつも詳細でしっかりしたレビュー記事ですね。
結論はこんな感じ

◆X100の良い点

  • エクセレントな写真品質、とてもローノイズ
  • クールなレンジファインダースタイルボディ、完全なマニュアル絞り、フォーカシングリング、シャッタースピードと露出補正ダイアル
  • 大口径でシャープなF2レンズ(換算35mm)
  • オーバーレイ表示の光学ファインダー、144万ドットのEVFとして使える大型のハイブリッドビューファインダー
  • 2.8インチ46万ドットのLCDはシャープで野外、暗所でも視認性に優れ、EVFと同等の表示されること
  • フルマニュアルコントロール、RAWサポート、4種類のブランケッティング
  • 電子水準器
  • ホットシュー+ワイヤレスフュラッシュコントロール
  • ビルトインNDフィルター
  • カスタマイズ可能なファンクションボタン
  • ダイナミックレンジコントロールによる白飛びの防止
  • 赤目現象はソフト処理可能なので問題にならない
  • プレイバックモードでの、カメラ内RAW現像処理
  • モーションパノラマでカメラをスイープさせるだけでパノラマ撮影が可能
  • ステレオ音声の720p(24fps)
  • HDMI 出力

◆X100の気になる点

  • 高価
  • OVFは使用時に移動するタイプで視野率が90%であること、暗所では見難い、偏光サングラス使用時やポートレート撮影でも見難い
  • プラスチッキーな4方向ボタンは小さ過ぎ、簡単に押す場所を間違えてしまう、電源スイッチが簡単に移動する
  • バッファーメモリがすぐに無くなり、特にRAW撮影後の回復に時間が掛かる
  • AFがたまに迷うこと、マクロ撮影や低照度での合焦時間が少し遅い
  • RAW撮影時に、ISO100 やISO12800 が選択出来ない
  • プレバックモードにした時に多くの設定がクリアされてしまう
  • ユーザーインタフェイスが煩雑
  • 動画撮影時のMFが出来ない、撮影時間に制限があること
  • メモリカード、バッテリーの蓋が貧弱、三脚撮影時にメモリーカードの交換が出来ない
  • 内部メモリが非常に少ない

ということです。
dexresourceが画質に関して、Excelentを使うのは最近めずらしいのでやはりX100の画質は素晴らしいということですね。
一方で、X100はハード、ソフト共に細かい課題も多いようですね。

作例としてサンプルギャラリーもアップされています。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す