スポンサードリンク

キヤノンEF300mm F4L II ISには超高速の電子手ぶれ補正搭載?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアの嗜みにキヤノンのEF300mm F4Lレンズの特許が掲載されていますが、流石キヤノンという先端技術の特許です。


なんと、電気信号でレンズの屈折率を瞬時に変化させる素子を使った技術のようです。
この技術によって、三脚の振動にも対応出来る超高速の手ぶれ補正が実現出来るんだとか

凄いですね

ちなみにそんな画期的な素子って本当にあるの?と思ってちょっとググってみたらこんな記事が

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/05/19/001.html

NTT、光が自在に曲がる現象を発見 – 映像機器・プリンタの小型化も? | エンタープライズ | マイコミジャーナル

NTT、光が自在に曲がる現象を発見 – 映像機器・プリンタの小型化も? | エンタープライズ | マイコミジャーナル%input%

キヤノンが採用しているのが、これと同じ技術かは判りませんが、とにかくレンズ技術も進歩しているんですね!

少なくとも最先端の技術はお金を掛けないと手に入れるこは出来ないというのは確実そうです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “キヤノンEF300mm F4L II ISには超高速の電子手ぶれ補正搭載?

コメントを残す