スポンサードリンク

SIGMA 交換レンズ4本発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

シグマから新交換レンズ4本が発表されました。

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM は、2003年11月に発売の「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM」の後継機種となるフルサイズ対応超広角ズームです。蛍石と同等の性能を誇るFLD(“F” Low Dispersion)ガラス*4枚とSLD(特殊低分散)ガラス1枚を採用し、超広角で問題となる色収差を極限まで補正、更なる高画質化を実現。グラスモールド非球面レンズを3枚、ハイブリット非球面レンズを1枚採用することで、高性能化とともにコンパクト化を達成しています。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。周辺光量も豊富で開放からシャープでコントラストの高い描写を実現、ズーム全域で優れた描写性能を発揮します。超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現。フルタイムマニュアルフォーカスも可能です。ズーム全域での最短撮影距離28cm、最大倍率1:6.4を実現。さらに、堅牢性、防滴性の高い構造を採用し、ホコリや水分の侵入を抑えることで、プロの過酷な撮影条件にも対応いたします。

手ブレ補正OS機構を搭載し、手持ちのクローズアップ撮影が容易に行えます。高屈折率SLD ガラス1枚とSLD ガラス1枚を採用し、色収差、球面収差、像面歪曲を良好に補正。2 つのレンズ群を異なる量で動かすフローティングインナーフォーカスの採用により、撮影距離の変化にともなう非点収差・歪曲収差の変動を抑え、無限遠から等倍まで高い描写性能を発揮します。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減、コントラストの高い描写を実現。別売のAPO TELE CONVERTERの使用により、等倍以上の撮影も楽しめます。HSM 搭載により、AF スピードの高速化と静粛性を実現。フルタイムマニュアルも可能です。9枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近で円形のボケを得ることが可能。防滴性の高い構造を採用し、プロの過酷な撮影状況にも対応します。

手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構を搭載し、約4段分の補正効果を発揮。望遠の手持ち撮影に威力を発揮します。SLD ガラス6枚の採用により、色収差を極限まで補正。全撮影距離で高画質を実現しました。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。ズーム全域で開放からシャープでコントラストの高い描写を実現しました。超音波モーターHSMの搭載により、AFスピードの高速化と静粛性を実現、フルタイムマニュアルフォーカスも可能です。フォーカシングやズーミングによる全長の変化がないインナーフォーカス、インナーズームを採用し、良好なホールディング性を実現。最短撮影距離80cm、最大撮影倍率1:6.3を実現。9枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近で円形のボケが得られます。別売りのAPO TELE CONVERTER の装着により、70-210mm F4(APO TELE CONVERTER 1.4x EX DG 装着時)や100-300mm F5.6(APO TELE CONVERTER 2x EX DG 装着時)のAF 望遠ズームレンズとして使用可能です。

最新の光学設計を駆使し、更なる高画質化を実現。高性能FLD ガラス2 枚と、SLD ガラス1枚の採用により、色収差を極限まで補正。スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの発生を軽減。インナーズーム、インナーフォーカスを採用し、ズーミング、フォーカシングによる収差変動を抑え、ズーム全域で優れた描写性能を発揮。サジタルコマフレアの補正にも配慮し、周辺部の点光源のにじみを軽減、単焦点レンズにも匹敵する高画質を実現しました。手ブレ補正OS機構を搭載し、約4 段分の手ブレ補正効果を発揮。望遠の手持ち撮影をサポート致します。超音波モーターHSM の搭載により、AF スピードの高速化と静粛性を実現、フルタイムマニュアルフォーカスも可能。9枚羽根の円形絞りの採用により、開放付近で円形のボケが得られます。別売りのAPO TELE CONVERTER を装着すると、オートフォーカス可能な超望遠ズームとして使用可能。防滴性の高い構造の採用により、プロの過酷な撮影状況に対応します。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す