スポンサードリンク

RICOH CX5発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

リコーからCX4の後継となるコンパクトデジタルカメラ CX5 発表されました。

早速楽天でも予約開始されています。


こちらがプレスリリース

ハイブリッドAFシステムで高速フォーカスを実現したコンパクトデジタルカメラ「CX5」を新発売 / ニュースリリース | リコー

新製品「CX5」は、リコー独自開発のハイブリッドAFシステムの搭載によって、広角28mm、望遠300㎜ともにAF合焦時間最短0.2秒と、CX4に比べて最大1/2の短縮を実現。シャッターチャンスを逃すことなく、狙った瞬間を確実に捉えます。
 また、超解像技術によって、(1)「超解像」設定による解像感を向上させての画像の記録、
(2)「超解像ズーム」による画質の劣化を抑えての最大600mm相当の望遠撮影、が可能となりました。
 さらに、新シーンモードとして「料理モード」、「打ち上げ花火モード」、「ゴルフ連写モード」を搭載したことに加え、「ズームマクロモード」撮影時の超解像ズーム使用など、写真撮影の楽しみを広げる機能を強化しました。「CX5」はデザインコンセプトでもある「毎日使いたくなる道具」としてさらに充実したコンパクトデジタルカメラです。

新製品「CX5」は、リコー独自開発のハイブリッドAFシステムの搭載によって、広角28mm、望遠300㎜ともにAF合焦時間最短0.2秒と、CX4に比べて最大1/2の短縮を実現。シャッターチャンスを逃すことなく、狙った瞬間を確実に捉えます。
 また、超解像技術によって、

(1)「超解像」設定による解像感を向上させての画像の記録、

(2)「超解像ズーム」による画質の劣化を抑えての最大600mm相当の望遠撮影、が可能となりました。
 さらに、新シーンモードとして「料理モード」、「打ち上げ花火モード」、「ゴルフ連写モード」を搭載したことに加え、「ズームマクロモード」撮影時の超解像ズーム使用など、写真撮影の楽しみを広げる機能を強化しました。「CX5」はデザインコンセプトでもある「毎日使いたくなる道具」としてさらに充実したコンパクトデジタルカメラです。

GR Blogでも発表

GRニュース | リコー公式ブログ GR BLOG | Ricoh Japan

新たにハイブリッドAFシステムを搭載することで、オートフォーカススピードの高速化を実現した、光学10.7倍(28~300mm)広角・高倍率ズームデジタルカメラの新製品「CX5(シーエックス・ファイブ)」を開発し、新発売いたします。

こちらがCX4との比較表

http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx5/vs.html

また、新たにハイブリッドAFというものを搭載

◆ハイブリッドAFとは

コントラストAF(撮像素子が被写体のコントラストのピーク位置を探してピントを合わ
せる方式)に加えて、エリアセンサーによって常時被写体との距離を測定するパッシブ
式のAFセンサーを組み合わせた、リコー独自開発のハイブリッドAFシステムを搭載し
ました。
広角28㎜だけではなく、望遠300㎜においてもAF合焦時間最短0.2秒と、CX4に比べて最
大約1/2の短縮を実現。ズーム全域において、シャッターチャンスを逃すことなく狙った
瞬間を捉えます

かつてのリコーのカメラ(GRD1も)には、パッシブ型のセンサーでしたが、CX5では同様の技術が復活ということなのでしょうか?

撮影枚数がCX4の330枚から280枚に減少しているのは、パッシブセンサーの為なのでしょうか?

1000万画素裏面照射CMOSはCX4と同じ、レンズも引き続き、28-300mmを使用。
CX3からCX4で大幅に改善されたという手ぶれ補正などの性能も同じです、

一方で画像処理は進化し、新たにパナソニックのような超解像度処理が加わったとのことです。

ハイブリッドセンサー搭載で、位相差AFが可能なフジのFinePix F300EXRとのAF速度比較をやってみたいですね。

CX4はかなりお買い得になっています。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “RICOH CX5発表

コメントを残す