スポンサードリンク

Nikon 24-120mm f/4G ED VR 対28-300mm f/3.5-5.6 ED VR どちらを選ぶか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

nikonrumors.comでニコンの新ズームレンズ、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRとAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRの比較テスト記事がアップされています。

テストで使われているのはニコンD700です

・ズーム領域について
どちらもフルサイズに対応、広角は4mmの違い、望遠側の差は180mm
作例からすればフルサイズの場合の広角4mmの差よりやはり望遠側300mmのメリットは大きいようです

・周辺光量
広角側開放の周辺光量は大きな差は無い(24mmと28mmの画角の差はあるが)
どちらもf5.6でかなり減少する

・歪曲
広角側の歪曲もほぼ同じ(24mmと28mmの画角の差はあるが)

・ボケ
70mm開放で比較、この2本でボケの様子もほぼ同じ
85mm f1.4の開放と比較するとやはり(当然)違いがありますね

・近接撮影
24-120mm f/4G ED VR の最短撮影距離は45cm. 対する28-300mm f/3.5-5.6 ED VR. は50cm
どちらも広角側の距離なので、24mmの方がわずかに広角のアングルになっている
どちらも開放で撮影、やはり24-120の方がコントラストや解像度に優れているようですね

・シャープネス
出来るだけ同条件でチャート撮影によるテストを実施
28mmではほぼ同じ解像度と思われるがやはり24-120の方がわずかにシャープ
50mm f4.5での性能は僅かに24-120の方が優れているが、f5.6ではその差は見られなくなる
120mm f/5.6で2本のレンズでは差は感じられない、(28-300は微妙な調整が出来なく122mmとなった)

・結論
テストされた方はAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRを購入することに決定したそうです。
実際AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの方が僅かに良い結果を出しているが、比較を見る限り実際の写真ではその差はそれほど重要では無いから。
そして、価格的には28-300の方が約300ドルくらい安価である。
また24-120の場合、ニコンのカタログ上では焦点距離が他のポピュラーなレンズとカブる場合が多い。(16-35mm, 24-70mm, 70-200mm)ので既にこれらのレンズを所有しているが、28-300の方はよりメリットがあると思われる。
また、DXユーザについてもこの2本のレンズは興味あるものと思われる。特に28-300は換算1.5倍なのだから。
ただ、28-300の一番の問題は、ガタがありすぐに脱落するレンズフード。(下の動画を見てね)

ということで皆さんはニコン最新のこの2本のズームレンズ、どちらを導入されるのでしょうか?
少しでも良い画質ならば、より投資する価値があると思う方は当然AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRと思われますが、AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRも高倍率ズームレンズとしてはかなり画質が良く、価格も比較的抑えられているのでフルサイズ一眼レフでの望遠ズームとしてたいへん魅力あるレンズであることには間違い無いですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す