スポンサードリンク

SIGMA SD1開発表明 FOVEON 4600万画素!一眼レフ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIGMAは隠し玉持っていましたね!
SD1にはフォビオンX3ダイレクトが大型化、そして、画素数も大幅アップで、SIGMAの表現によれば4600万画素という645Dもびっくりの画素数のイメージセンサーが搭載されることになりそうです。

またSD1は防塵防滴ボディになるということで、これでSIGMAも他社に渡り合えるだけの一眼レフボディを発売することになりそうです。

また、現状の1400万画素のFOVEONでは、実質的には約470万ピクセルの画像を、1200万ピクセルまで画素補間して出力していましたが、新センサーでは1530万画素のRGBがダイレクトに出力出来るということで、他社のAPS-C一眼レフと比較して遜色の無い実質画素数となりそうです。

実質470万画素でも解像感では、圧巻の性能だったので、1530万画素のFOVEONの世界を一刻も早く見てみたいのですが、SD15、DP1xの実績からすれば、かなりお待たせになるのではと予測出来ます(^^;;

但し、待つ価値のあるカメラになりそうなので、じっくり待ってみたいと思います。

また、この4600万画素のイメージセンサーを搭載した、DP1/DP2も開発しているのでしょうか?
小さなメーカーさんに多くを望めないと思いますが、是非頑張って欲しいものですね。

シグマ、約4,600万画素・防塵防滴ボディの「SD1」 – デジカメWatch

フルカラーX3ダイレクトイメージセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「SD」シリーズの最新モデル。撮像素子を一新したことに加え、画像処理エンジン「TRUE II」を2つ搭載する「デュアルTRUE II」構成を採用する

その他のイメージはこちらのサイトでも見れます

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “SIGMA SD1開発表明 FOVEON 4600万画素!一眼レフ

コメントを残す