スポンサードリンク

アサヒカメラのライカ銀塩M消滅の記事を読んでみた

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌の記事のネタバレなのでそれほど多く書けませんが、5月30日、財団法人日本カメラ財団(JCII)が主催した講演会にてたライカカメラ社CEO、アンドレアス・カウフマン氏の発言で、どうやらマジ、基本的M7、MP既に生産していないようですね。
詳しくはアサヒカメラ 2010年 07月号 [雑誌]で。

アサヒカメラ 2010年 07月号 [雑誌]

アサヒカメラ 2010年 07月号 [雑誌]

価格:960円(税込、送料別)


追記:話は変わって表紙の美しいヌード写真ですが、ペンタックス645Dで撮影したものです。
そして、数十ページにわたって、645Dで撮影した美しい芸術的なヌード写真が掲載されています。

ライカM7とペンタックス645D、どちらも買えない身ですが、同じ100万円を投入するのならどちらが良いのでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “アサヒカメラのライカ銀塩M消滅の記事を読んでみた

コメントを残す