スポンサードリンク

キヤノンのミラーレスはAPS-H!!?だったら凄い(photorumors.com)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンファンの皆様驚くべき噂です。
キヤノンはミラーレスにAPS-Hセンサーを採用する可能性があるそうですよ!


記事の内容はミラーレスカメラの購入を検討している人が・・・
EOSのテスターをしている友人に既存のミラーレスカメラ(マイクロフォーサーズ、NEX、など)に満足出来ない状態であると相談したところ、その友人はもし満足したいならもう少し待った方が良いと言ったそうです。
それはどういう意味かと質問したところ、キヤノンはすぐにAPS-Hミラーレスカメラを出すと答えたそうなんです。
それはAPS-Cの間違いでは?と問いただしたところ、確実に1.3Xだよと答えたそうなのです。
競合に対してより重く、大きく、そして高価になるのでは?と質問したところ、確かでは無いがサイズも重さもパナソニックG1/GH1より大きいものでは無いと答え、また、価格もXXD系の価格帯とのことです。

既に彼は量産の直前バージョンと言って良い造りや機能のバージョンをテストしている状態でも回答です。

何故、キヤノンがこれから出すカメラにAPS-Hセンサーを使うのか?
そして何故7Dクラスでは検討されなかったのか?と友人に訪ねたところ、キヤノンは既に2つの一眼レフラインを持っており、3番目のラインは必要無く、1.3xに対応するイメージサークルを持つレンズが存在しないという問題もある。

それに対して、ミラーレスならまったくの新設計であり、センサーサイズに合わせたレンズのラインナップを準備することが出来るんだそうです。
更にその友人は更に

  • APS-Cはすでに一般的であること。
  • センサーの製造コストは年々低下しており、既に1.6xと1.3xのセンサーの間では大きな差は無いこと
  • キヤノンは数年毎に1Dシリーズ用に1.3xセンサーを開発しているが、その投資と研究コストを1D以外のカメラから還元出来ていない、しかし1D4では新しいセンサーを使っている状況だ。
  • 重量と大きさを慎重にデザインすれば、より大きなセンサーであっても競合より必ずしも大きく、重くなるというわけでは無い、

ということです。

この説明を読むとキヤノンがAPS-Hのセンサーを搭載したミラーレスシステムを発表したとしても何ら驚くことは無いと思います。

また最後発の利であり、自社でイメージセンサーを製造するキヤノンだからこそ、APS-Hの選択はビジネス的にも正しいものなのかもしれませんね。

この話が本当だとすれば、ミラーレスファンならずとも、かなりのインパクトがあるのでは無いでしょうか?

p.s. canonrumors.comはこの噂スルー気味ですw

This all seems a little bit crazy to me. I’ll reserve real judgement for the time being. I’ll be paying close attention to the comments section to see what the tech folks think about this.

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノンのミラーレスはAPS-H!!?だったら凄い(photorumors.com)

コメントを残す