スポンサードリンク

RICOH GXRファームアップ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

リコーのGXR、というか、そのレンズユニット用のファームウェアがアップされました。

GXR ボディと各カメラユニットのファームウェアを同時にアップデートします。


【送料無料!】《新品》RICOH(リコー) GXRボディ【キャッシュバック対象】【期間限定特価 3/2…


面白いのは、現在2つのレンズユニットが発売されていますが、新ファームウェアはそれぞれのユニットに対して適用しなくてはならないこと。
更に面白いのは、各レンズユニット用に2つのダウンロードページがあるようですが、その中身は一緒で、どちらか一方のファームファイルは、別のレンズユニットでもそのまま使えるということです。(ややこしいな)

少なくともGXRのカメラ用ソフトは、主にレンズユニット側で動作されているというのが良く判りますね。
今後、ユニットが増えると、様々なファームアップが発生するのでしょうか?

ファームアップの内容はこちら

●RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC の改善内容

  • シャープネス設定値を正しくEXIF情報に反映する修正
  • AEロックで撮影した場合の露出精度を向上
  • オートマクロで撮影した場合のピント精度を向上
  • 画質モードをRAWに設定して長秒時撮影をした場合、異常画像を記録しないよう修正

●GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO の改善内容

  • セットアップメニューに「AFモード」を追加、「QK-AF」(高速)と「FR-AF」(低速)が選択可能に
  • シャープネス設定値を正しくEXIF情報に反映する修正
  • AEロックで撮影した場合の露出精度を向上
  • 暗い場所でPモード撮影をした場合のホワイトバランスを改善
  • 画質モードをRAWに設定して長秒時撮影をした場合、異常画像を記録しないよう修正
  • フルプレススナップ撮影時のピント精度を向上


特に、50mmマクロの方はこれまで、AFの速度が遅いということを指摘されていましたので、高速AFモードの追加は嬉しい改善かもしれません。

ただ、メニューでAFモードを選択擦る必要があるということは、高速AFモードの方が精度が低いからなのでしょうか?

また、AEロックで撮影した場合の露出精度っていったいどういうことなんでしょうか?w
わざわざロックしているのに精度って?

とにかく、リコーのデジタルカメラの楽しみの1つである、ファームアップ、GXRユーザーの皆さん、今晩はファームアップで忙しいかもしれませんね。


◎ [ポイント3倍!]リコー LENS S10 24-72 /2.5-4.4VC  《エントリーでポイント3倍!-3/19 9:…


【★レンズフィルター付き!】RICOH レンズユニットGR LENSA12 50mm F2.5 MACRO


▼新品特価商品【新品】RICOH(リコー)自動開閉式レンズキャップLC-2


【エントリーでポイント3倍 3/19(金)9:59まで】【送料無料】リコー 外部TTLフラッシュGF-1【在…

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す