スポンサードリンク

H4D-40 その姿を表す(photorumors.com)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

2月9-10日に全世界一斉お披露目のハッセルブラッドの入門機、H4D-40のネタバレです。


【送料無料!】《新品アクセサリ》 LIGHTWARE Z5030〔メーカー取寄品〕

【送料無料!】《新品アクセサリ》 LIGHTWARE BF1051 ノートブックブリーフケース〔メーカー取…

LIGHTWARE ライトウェアMF1217 マルチフォーマット1217

ハッセルブラッドH4D-40の最大の特徴は、TRUE FOCUS機能というハッセルブラッドのオリジナルのAFシステムを搭載することのようです。

通常の一眼レフの場合、ファインダの中心部以外でフォーカスしたい場合、マルチポイントAFシステムを使って、AFする箇所を選択する必要がありましたが、発せりブラッドのTRUE FOCUSシステムは、角速度センサーにより、最初にAFロックした箇所からどれくらいカメラを動かしたかを算出し、焦点を修正する演算を行うとのことです。
これによって、浅い被写界深度の中判カメラでも、作者の意図した通りの構図をAFで撮影することが出来るとのことです。
俗に言うコサイン誤差を修正する機能なのでしょうね。

中判くらいの光学ファインダーがあれば、MFの方が扱い易いとも思われますが、やはり進化したAFで撮影するスタイルが新しいカメラマンの姿かもしれませんね。

ハッセルブラッドH4D-40の公式サイトはこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル