スポンサードリンク

Canon PIXUS MP640 をAirMacの無線LANセッティングしてみた

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在我が家にあるプリンタは、キヤノンのiP4200というちょい古いプリンタ、そしてE社のこれまたちょい古いA3ノビプリンタ、そしてB社のFAX複合機で、全部USB接続で使っているのです。

MP6400は無線LANプリントが出来るということで早速設定してみました。
我が家はAirMacで無線LAN構築していますが、さて上手く行くのでしょうか?

まずMP640の本体のネットワーク設定を行います

MP640の初期画面からこちらの無線LANセッティングに

AirMacなので、AOSSなどのカンタン設定は出来ません。
手動設定でやってみます

すぐに、AirMac のアクセスポイントを検出しました(お隣さんの無線LANもあるなー)

そして、WEPキーを入力

接続中

オケっ!

簡単接続じゃなくってもカンタンですw

次はXPマシンの方のドライバーセッティングです。
既にUSBでドライバーをインストールされた方は、アンインストールするのが一番簡単です。
再び、ドライバーをインストールし、接続をUSBでは無く、ネットワーク経由を選択すると、以下のような画面が現れます。

そしてMP640を選択して完了

これでWi-Fi経由でWindowsから印刷出来る筈ですが、一応無線LANの状態を確認してみます。

ちょっと不安定ですってw

気にしないでw印刷してみます
今回はPicasaから印刷してみました

こちらも簡単に終了

USB接続と比較して無線LANプリントは少し時間が掛かるようですが、ほぼ問題はありません。

それより、ノートPCなどは、無線LAN プリントが絶対便利なので、皆さんもセッティングしてみてくださいね。

キーポイントは、先にプリンタ側の無線LAN設定を済ませることです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル