スポンサードリンク

Canon EOS 7D の姿が見えて来た?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

一時は入門フルサイズか?と噂も流れたキヤノンEOS 7Dと呼ばれる新モデルですが、どうやらスポーツや鳥撮り向けのAPS上級機種の方向で話が進んでいます

EOS 7D 現在の予測まとめ

・HDビデオ撮影機能
・可動液晶
・防塵防滴
・プロレベルのAF
・進化したライブビューAF
・スポーツ、野鳥、野生などの写真家がターゲット
・40D/50Dを使うこれらの写真家のステップアップ用

ということだそうです

一部の噂では、Dual DIGICを搭載した上で、メカ側の連写性能をこれまでに無いレベルに高めているということも予測されています

1Ds Mark IV : フルサイズ、スタジオプロから風景
1D mark IV : APS-H? 報道やスポーツ
5D mark II : フルサイズ 中級
7D  : APS-? 軽量 高速連写 野鳥、スポーツなど望遠で連写するプロ
60D  : APS-C 中級
Kiss X3 : 入門

というラインナップになるのでしょうか?

実際フルサイズのカメラで問題なのは、望遠側のレンズが巨大になること。
野鳥や野生を撮影するカメラマンにとって、重量を減らすことはより広いフィールドを活躍出来ることになる筈ですから、確かに、7Dがこの予測通りならば、それなりに独自の魅力あるカメラかもしれません。

逆に5Dmk2と7Dがあれば、殆どの被写体がカバー出来るワケで、フルサイズの7Dよりもキヤノンな方、それも、資金的余裕のある方にとっては魅力溢れる商品になるかもしれませんね。

そのうち洗足池公園などに行くと7Dの砲がマシンガンサウンドを轟かせているの予感・・・・

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル