スポンサードリンク

【LX3より望遠】Canon Powershot S90が気になる【GRD3よりコンパクト】

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先ほど速報させていただいたキヤノンの新コンパクトデジタルカメラG11とS90ですが、ポジション的にはG11がフラッグシップ、S90はこれまで消えていたPowershot Sシリーズの復活&最上位モデルとして位置付けられているようです。

しかし、そのスペックや機能を見ると、どうやら本命はS90の方では無いか?と感じてきました

そして、ライバルはずばり、Panasonic LUMIX DMC-LX3のようですが、更には、GR DIGITAL IIIおも食ってしまいそうなこだわりのスペックなのです


【送料無料!】《新品》Panasonic(パナソニック) DMC-LX3-K ブラック 【下取交換20%アップ対…

【★期間限定特価!】【★延長保証可!】RICOH(リコー)GR DIGITAL III大口径レンズを採用したコ…

・F2.0 28mmから始まる明るいズームレンズの採用
・レンズリングがコントローラーになっている
 ステップドズーム、絞り、MFなど様々なコントロールに割り当てることが出来る
・あえて1000万画素とし、高感度側の特性を高めた新CCDを採用
・DIGIC IVを再チューンし、デュアルノイズリダクションなど搭載
・RAW出力が可能
・G11の半分の重さ 175g

そこで3機種を比較してみました

・レンズ(35mm換算)
 G11 28?105mm F2.0?F4
 LX3 24?60mm F2.0?F2.8
 GRD3 28mm F1.9

・手ぶれ補正
 G11 レンズシフト
 LX3 レンズシフト
 GRD3 なし 

・CCD
 G11 1/1.7型CCD 実効1000万画素
 LX3 1/1.63型CCD 実効1010万画素
 GRD3 1/1.7型CCD 実効1000万画素

・大きさ
 G11 100 x 58 x 31 mm
 LX3 108.7 59.5 × 27.1 mm(突起物除く)
 GRD3 108.6mm×59.8mm×25.5mm(突起部含まず)

・重さ
 G11 175g
 LX3 約229 g(本体)/約265 g(メモリー、バッテリー、キャップ含)
 GRD3 約188g(バッテリー、SD、ストラップ含まず)、付属品約30g(バッテリー、ストラップ)

ということで、重さは何と!GR DIGITAL IIIより軽いのです。
大きさもこの3機種の中では横幅が8mm以上も短いという、コンパクトさ
そして、広角がF2で105mmまで望遠可能なズームレンズでほぼ同じサイズのCCDを搭載していますから、いかにG11がコンパクトに設計されているかが判ると思います

また外観の操作系も超シンプル、LX3がレンズ周りがゴテゴテっと、GRD3がグリップを協調したデザインなのに対して、スクエアで余計な装飾無し

レンズリングをコントローラーに使うなど、カメラマニアウケ間違い無しの操作系も備えています

ということで、今回のキヤノンのコンパクトデジタルカメラの中で、ライバルを意識し最も気合が入っているのがこのS90だと思います

更に言えば、価格もそれなりに安くなりそうなのが良いですね

DPReviewもハンズオンでLX3と比較

pocket-lint.comもハンズオン

関連ニュース:

Today Canon announces the PowerShot S90 – marking the return of the Canon PowerShot S-series. The PowerShot S90 continues the PowerShot S-series tradition with impressive, fully manual features that deliver excellent image quality and user experience, including: Canon’s Dual Anti-Noise System with an f/2.0 wide-angle lens, a 3.0 inch PureColor II LCD display and an intuitive new lens Control Ring.

Canon have resurrected the S series with the PowerShot S90, another camera aimed at high-end users. It’s smaller than the G11, has a 28mm wide-angle lens with 3.8x zoom, and a maximum aperture of f/2.0. This makes it the fastest lens on a current generation Canon point-and-shoot, and a feature that low-light shooters will love. Canon has also added an interesting new feature in a control ring, which loops around the lens. It can be used to adjust zoom (to preset focal lengths), ISO, shutter, aperture, focus and exposure compensation. This is a concept we love, and hope to see roll out to other models. It has a 3-inch LCD (461,000-dots), and full manual controls including RAW+JPEG, though unfortunately no HD video. It will be available in October for $429.99

Today Canon announces the PowerShot S90 – marking the return of the Canon PowerShot S-series. The PowerShot S90 continues the PowerShot S-series tradition with impressive, fully manual features that deliver excellent image quality and user experience, including:
Canon’s Dual Anti-Noise System with an f/2.0 wide-angle lens, a 3.0 inch, PureColor II LCD display and an intuitive new lens Control Ring.

Canon has bought its S series of cameras back with the launch of the PowerShot S90.

The new model will come with a 10 megapixel sensor, use the company’s DIGIC 4 image processor and come with a f/2.0 wide angle lens and Canon’s optical Image Stabiliser (IS) technology.

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル