スポンサードリンク

【速報】Nikon D300s発表!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼこれまでの噂通り、ニコンD300sがプレスリリースされました

● 発売概要
商品名 デジタル一眼レフカメラ「ニコン D300S」
希望小売価格 オープンプライス
発売予定日 2009年8月28日
なお、「D300S」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売します。

D300S AF-S DX 16-85G VR レンズキット オープンプライス
2009年8月28日発売予定
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f3.5-5.6G ED VR 付き
D300S AF-S DX 18-200G VR IIレンズキット オープンプライス
2009年8月28日発売予定
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f3.5-5.6G ED VR II 付き
● ニコン D300Sの特長
「D300」をさらに進化させた、DXフォーマット最高レベルの基本性能
外部ステレオマイク対応、動画編集機能を備えた「Dムービー」
CFカードとSDメモリーカードを同時にセットできるダブルスロット
有効画素数12.3メガピクセル、ニコンDXフォーマットCMOSセンサー
● 主な特長
有効画素数12.3メガピクセル、ニコンDXフォーマットCMOSセンサー
有効画素数12.3メガピクセル、撮像素子にはニコンDXフォーマット(画面サイズ23.6×15.8mm)のCMOSセンサーを採用し、高画質、高精細な撮影を実現します。
「D300」をさらに進化させた、DXフォーマット最高レベルの基本性能
「D300S」は、約7コマ/秒※1での高速連続撮影のほか、シーン認識システムに顔認識を採用し顔の拡大再生が可能となるなど、「D300」が有する優れた基本性能を進化させています。また、高密度51点フォーカスポイント採用のAFシステムや視野率約100%、約0.94倍の高倍率ファインダー、ピクチャーコントロールシステムを始めとする撮影機能、起動時間約0.13秒※2などの高速性能はそのまま継承し、最高のパフォーマンスと快適な操作性を提供します。
※1
Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL3e使用時
※2
CIPA準拠
過酷な撮影条件においてもプロフェッショナルの期待に応える堅牢性・耐久性
軽量かつ堅牢なマグネシウム合金を外観カバー、ボディー、ミラーボックス、マルチパワーバッテリーパックMB-D10(別売)に採用、さらに接合部などのカメラボディー各所にはシーリングを施し、高い防塵性と防滴性を確保しています。また、実装状態で15万回にもおよぶレリーズテストをクリアしたシャッターユニットを搭載しており、さまざまな状況においても安心して撮影に集中できる耐久性を有しています。
外部ステレオマイク対応、動画編集機能を備えた「Dムービー」
新搭載の「Dムービー」は、コントラストAF(三脚撮影モード時)が可能で高画質な動画撮影ができるだけでなく、新たに外部ステレオマイク対応。さらに録画した動画の始点と終点の設定ができる動画編集機能を追加しています。豊富なNIKKORレンズと組み合わせれば、それぞれのレンズの特性を生かした一眼レフカメラならではの動画が撮影できます。
CFカードとSDメモリーカードを同時にセットできるダブルスロット
CFカード、SDメモリーカード各1枚を同時にセットすることができる「ダブルスロット」を新採用しました。動画撮影の際、空き容量が十分なカードのスロットを選択できるほか、主スロットから順に記録する「順次記録」、同じ画像を両方のスロットに同時に記録する「バックアップ記録」、RAW画像とJPEG画像をそれぞれのスロットに分けて記録する「RAW+JPEG分割記録」など、使用状況に応じた使い方が可能です。
高い操作性を支える新機能と新装備
デジタル一眼レフカメラとしての基本性能だけでなく、高いパフォーマンスを発揮するための操作性を支える新たな機能も搭載しています。例えば、モーターの回転数を落とし、通常撮影に比べてミラーダウンの動作音を抑えた「静音撮影モード」は、シャッター音を抑えたい、昆虫撮影やコンサート撮影など静かな場所での撮影に活用できます。また、ライブビュー起動専用ボタンにより、ボタン操作ひとつで簡単に撮影モードを切り替えることができ、ライブビュー撮影中にも水準器を表示できるなど、快適な撮影操作を提供します。
効果設定を5段階に増やし機能強化した、アクティブD-ライティング
目で見た印象に近いコントラストに自動補正する機能「アクティブD-ライティング」を強化しています。設定効果を「オート」「より強め」「強め」「標準」「弱め」の5段階に増やしました(「D300」は3段階)。また、ブラケティング機能により、効果の度合いが異なる画像を複数撮影し、撮影後に気に入った画像を選択することが可能です。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル