スポンサードリンク

富士フイルムがとうとう世界初の3Dデジカメを!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところデジカメ市場でちょっと元気が無かったFUJIfilmですが、実は3Dカメラの実用化に向けて準備を進めていたと思われます。
フォトキナなどで、開発を表明していた3Dカメラをとうとう製品化してきました。

人間の目で見たのと同じような立体画像を得る為に2つのレンズと2つのCCDを搭載した、二眼カメラになっているのがポイントです

3Dで撮影した写真は、両目に別々の画像を送ることが出来る特殊な背面液晶を用い、3D写真として見ることが出来ます。

また。3Dを再現する動画を撮影する機能も搭載。

静止画のみならず、3Dになった動画は、どのように見えるのでしょうか?非常に興味あります。楽しみですね!

更に、富士フイルムは、カメラのみならず、3D表示が可能な、デジタルフトフレームと、3Dを見える印刷技術を使った、プリントサービスまで同時に提供することを発表しました。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/07/22/037/index.html

10日ほど前に「まもなく登場」と書いた富士フイルムの3次元デジタルカメラが正式に発表されました。カメラの名前はFinePix REAL 3D W1。メガネ不要で3D写真を鑑賞できる視差バリア方式の専用ビュアーも同時に発売され、こちらの名前はFinePix REAL 3D V1。これらに3Dプリントサービスが加わり、FUJIFILM FinePix REAL 3D Systemなる統合システムとして提供されます。

独自開発のデジタルカメラ専用3D/2D表示液晶パネルを採用した背面ディスプレイは2.8型で、ワンタッチで2Dと3Dの表示切り替えに対応。シャッターを押すだけで3D映像の撮影ができるとのことだ。店頭予想価格は6万円前後とな

「FinePix REAL 3D W1」は、カメラ単体で立体写真の撮影と表示が可能なコンパクトデジカメ。特殊なメガネなどを使わずに立体写真が見られるデジカメは世界初という。発売は8月の予定で、予想実売価格は6万円前後の見込み。

富士フイルムは22日、撮影画像を立体(3D)表示するデジカメおよび、フォトフレーム、プリントサービスである「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」を発表した。

 8月8日発売で、予想実売価格はカメラが6万円前後、フォトフレームが5万円前後となる。なお、カメラとフォトフレームのセットも8月下旬に発売される見込みで、価格は10万円を切る予定だ

Not that it wasn’t official when Time featured it early last week,but now Fujifilm’s now rolled out the proverbial red carpet for its FinePix Real 3D W1 camera, with a press release providing more details about both it and the Real 3D V1 8-inch picture viewer. Some of more notable features on the W1 — aside from being the touted “world’s first 3D imagine system,” of course — is a 3x optical zoom, a 3D LCD system for on-camera viewing, Dual Capture Shooting Mode for taking two shots simultaneously with different settings, and just to be perfectly clear, the ability to shoot video in three mind-blowing dimensions.

FujiFilm corporation today announces a radical departure from current imaging systems with the development of a completely new, real image system (3D digital camera, 3D digital photo frame, 3D print) that marks a complete break from previous attempts to introduce this technology.

July 22, 2009 – Fujifilm has now announced the first products using the company’s 3D imaging technology introduced last September (see coverage here), which doesn’t require the viewer to wear special glasses. The FinePix Real 3D W1 camera uses two lenses for shooting and a 3D/2D LCD monitor to play back three-dimensional stills and videos. Also introduced was a portable 3D viewer, the FinePix Real 3D V1, with an 8-inch screen and an adjustable stand. A system for having 3D prints output at service bureaus from images taken with the camera is also being developed.

富士フイルム(株)は、3D映像が撮影可能なデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」や、専用メガネ不要で3D映像を鑑賞できるビューワー「FinePix REAL 3D V1」など3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」を8月8日より発売する。

・FinePix REAL 3D W1 ¥OPEN(予想実売価格 60,000円前後)
・FinePix REAL 3D V1 ¥OPEN(予想実売価格 50,000円前後)
・3Dプリントサービス ¥500(1枚・予定価格)
※「W1」と「V1」の10万円前後でのセット販売も予定

Fujifilm are extremely proud to announce the launch of a groundbreaking new imaging technology: the “FinePix Real 3D System”. The World’s first three dimensional (3D) digital imaging system that lets you enjoy three dimensional images without the need to wear special 3D glasses. The FinePix Real 3D system incorporates a 3D digital camera “FinePix Real 3D W1”, a 3D picture viewer “FinePix Real 3D V1”, and 3D prints

富士フイルムは22日、新型デジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1」など新製品の発表会を東京ミッドタウン(東京・六本木)の富士フイルムスクウェアで開催した。会場には、イメージキャラクターを務める女優の柴咲コウさんが応援に駆けつけた。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル