スポンサードリンク

EOS 5D mark IIがファームアップ!待望の動画マニュアル露出

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで映画撮影用機材並の感動的な動画を撮影できるキヤノンEOS 5D mark IIですが、数少ない不満が、EFレンズを使って動画撮影する際にマニュアルで露出を決めることが出来なかったということです。
それが、ファームウェアのアップで解決しました

特に、絞り値がマニュアルでコントロール出来るということは、動画撮影時でも非写界深度がコントロール出来ることになり、非常に作品性に優れたムービーを撮影出来ることが加納になるということですね


◎15,000円以上で送料無料! 【数量限定特価】お買得セットも必見!【注】即時発送は、ご注文商品が全て在庫ある場合に限ります。 Canon EOS 5D Mark II ボディ 《納期:2?3週間》


◎15,000円以上で送料無料! キヤノン EF50mm F1.2L USM《納期:約3?4ケ月》


canon キヤノン EF85mm F1.2L II USM (85/1.2L)[■フィルター径72mm保護用お勧め]キャノン


単3形電池2本で動作する、軽量・コンパクトなEOSシリーズ用の外部ストロボ キヤノン 270EX

これまでEOS 5D markIIの絞りを強制的?にコントロールする方法として、レンズ側に絞りリングがあり、機械的に絞りをコントロール出来るレンズ、これは残念ながらEFレンズには無いので、マウントアダプタ経由で例えばニコンのMFレンズ(まだ現行商品)を装着して動画撮影に挑まれていた方もいらっしゃったようです

ムービー撮影用のプロ機でも、EOS 5D mk2のように、35mmフルサイズイメージセンサーを持つ機材はそう無いようです。
今回のファームアップで絞りによって積極的に非写界深度をコントロール出来るということは、これまでに無い幻想的な動画を撮影出来る機材としてEOS 5D markIIの価値はますます上がって行くと思われます

ちなみに35mm銀塩フィルムの起源?はライカが映画撮影用のフィルムを、スチル撮影用として用いたのが由来とのことで、そこから35mm=フルサイズの歴史が始まったワケですが、逆に映画撮影の時、この35mmフィルムは、縦方向に使われるワケで、所謂ハーフサイズ・・・例えばフォーサーズくらいの面積となります

ということを考慮すると、映画館で上映される作品より、5D mk2の方が巨大な面積で動画化しているということになりいかにフルサイズによる動画撮影が出来るということが貴重かということが判ると思います

ちなみに、動画撮影で気になるのが、ストレージ容量ですが、何とコンパクトフラッシュ32GBが現在安い6千円台!!です


CF PQI QCF12-32G(コンパクトフラッシュ32GB・120倍速・18MB/s・永久保証)


《在庫あり》GREEN HOUSE(グリーンハウス) UDMA対応 233倍速コンパクトフラッシュ 32GB [GH-CF32GD]


CF SP032GBCFC200V10(200倍速コンパクトフラッシュ・国内シリコンパワー永久保証)


【ポイント最大3倍★5/28(木)09:59まで】トランセンドジャパン 32GB コンパクトフラッシュ (133X. TYPE I ) [TS32GCF133]【在庫目安:お取り寄せ】


全国送料無料 ! 税込価格 !!【32GB】 サンディスク ExtremeIII 30MB/秒/200倍速 (海外リテール品) SDCFX3-032G


キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark II用キヤノン バッテリーグリップ BG-E6【お届けまでにお時間かかります】


キヤノン デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark II用キヤノン バッテリーパック LP-E6【お届けまでにお時間かかります】


【2?3営業日でお届け】EOSカメラポーチ【EOSカメラポーチ】 CANON 5091A021

関連記事:

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/27/016/index.html

キヤノンは27日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」の動画撮影機能において、マニュアル露出が可能になるファームウェアを6月上旬に公開すると発表した。

Canon has apparently been reading the numerous forum posts where 5D Mark II users have requested – nay, demanded – manual exposure control for their videos. Well an email from Canon USA has confirmed that it’s coming . . . in June to be exact.

Canon has announced a firmware update for its EOS 5D Mark II digital SLR enabling manual exposure when shooting videos. With the updated version, users will be able to manually adjust the shutter speed, aperture and ISO settings in the video mode. The new firmware will be available for download on 2 June 2009 from Canon’s website.

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル