スポンサードリンク

SONY α380、α330、α230国内でも発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内でもソニーの新エントリ向けデジタル一眼レフカメラ3機種、α380、α330、α230が発表されました。

楽天でも早速予約開始されています

まずα380のボディのみ7万6千円台

★ソニー α380 ボディ 《6月25日登場》

α380はレンズキットはこちら

★ソニー α380 レンズキット 《6月25日登場》

α380ダブルズームキット

★ソニー α380 Wズームキット 《6月25日登場》

こちらα330は5万8千円台


★ソニー α330 ボディ 《6月25日登場》

こちらα330レンズキット
ブラウンが新鮮なカラーリングですね


★ソニー α330 レンズキット ブラウン 《6月25日登場》


◎15,000円以上で送料無料! ★☆その他のお買得セットも必見!ページ内おすすめバナーをチェック!★☆SONY α330 Wズームキット+オリジナルストラップセット(予約特典付き)《6月25日登場》

α23のボディは44800円


★ソニー α230 ボディ 《6月25日登場》


◎15,000円以上で送料無料! ★☆その他のお買得セットも必見!ページ内おすすめバナーをチェック!★☆SONY α230 レンズキット+オリジナルストラップセット(予約特典付き)《6月25日登場》


★ソニー α230 Wズームキット 《6月25日登場》

各メディのニュース発表にもあるように、これらの3機種のメインターゲットは女性。
コンパクトデジタルカメラと同じ、あるいは、それ以上に簡単に使えるデジタル一眼レフカメラというのがこれらα3機種の特徴のようです。

また、α380とα330は、重量490g、先代のα350が582gですから実に90g軽量化されています。
結果可動型液晶が付いているデジタル一眼レフカメラとしてかなり小型軽量になっています。
ちなみに、D5000が560g、

フォーサーズという少し小型な素子を搭載しているOlympus E-620の重量が475gですから、匹敵する重量に仕上がっています。

ということで、α380はコンデジと同等以上のの画素数、そして可動液晶が欲しい方、
α230が、コンデジ並の価格で買えそうなデジタル一眼レフカメラ、

そして、価格的には真ん中のα330が最もオオススメで、実際ブラウンのスペシャルカラーが一番絵目立つ存在としてアピールしているのかもしれませんね。

関連リンク:

http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/05/18/380/index.html

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/18/055/index.html

コンパクトデジカメでは物足りなくなったユーザーの次のステップアップといえば、デジタル一眼レフである。しかしコンデジとは異なりマニュアルを見なければ使えない。そんな敷居の高さを解消するのが、ソニーから発売されるヘルプ機能充実のデジタル一眼レジ「α」シリーズだ。

ソニーは5月18日、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズに、エントリークラスの「DSLR-A380」(α380)、「DSLR-A330」(330)、「DSLR-A230」(α230)の3機種を発表した。

 エントリーモデルの拡充という新たな戦略を打ち出した新「α」の開発経緯と初心者用としてこだわったという機能を写真で紹介する

ソニーは5月18日、デジタル一眼レフカメラ「α230」(DSLR-A230)を6月25日より販売開始すると発表した。価格はオープン。ボディのみの実売想定価格は5万5000円前後。「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」を組み合わせたレンズキット(DSLR-A230L)の実売想定価格は5万5000円前後、「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」と「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」を組み合わせたダブルズームレンズキット(DSLR-A230Y)の実売想定価格は7万5000円前後。

ソニーは5月18日、デジタル一眼レフカメラ「α330」(DSLR-A330)を6月25日より販売開始すると発表した。価格はオープン。ボディのみの実売想定価格は6万5000円前後。「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」を組み合わせたレンズキット(DSLR-A330L)の実売想定価格は7万円前後、「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」も組み合わせたダブルズームレンズキット(DSLR-A330Y)の実売想定価格は9万円前後。

ソニーは5月18日、デジタル一眼レフカメラ「α380」(DSLR-A380)を6月25日より販売開始すると発表した。価格はオープン。ボディのみの実売想定価格は8万5000円前後。「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」を組み合わせたレンズキット(DSLR-A380L)の実売想定価格は9万円前後、「DT 55-200mm F4-5.6 SAM」も組み合わせたダブルズームレンズキット(DSLR-A380Y)の実売想定価格は11万円前後。

ソニーが発表した、デジタル一眼レフカメラの新製品「α380」 「α330」 「α230」。新製品ながら、前身にあたる「α350/330/200」から撮像素子やボディ内手ブレ補正機能など主なスペックの変更は行われていない。

ロシアから流出したリーク情報どおり、ソニーのデジタル一眼レフ αシリーズのエントリーモデル3機種が発表になりました。α230、α330、α380はそれぞれ従来のα200、α300、α350に対応する機種。α230は1020万画素、α330は1020万画素でライブビュー / チルト液晶搭載、α380は1420万画素でライブビュー / チルト液晶搭載と、基本仕様はこれまでと同等です。しかし筐体が小型化され、α230は約450gに(現行 α200は約530g)から、α330とα380は約490gへ(現行 α300・α350は約580g)と軽くなりました。またα330とα380ではチルト稼動範囲が下向き55度、上向き135度まで拡大しています(従来は40度/130度)。

「高い」「難しい」「大きい・重い」というデジタル一眼レフカメラ買い控えの要素をクリアにし、エントリー層の需要拡大を狙う

ロシア発の噂は大当たりでしたね。

ソニーからエントリーデジイチ「α380・α330・α230」発表されました

有効1420万画素のCCDセンサーと、ライブビュー撮影中でも光学ファインダー使用時と同様にオートフォーカスが作動する「クイックAFライブビュー」、ボディ内手ブレ補正機能を搭載したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル

有効1020万画素のCCDセンサーと、ライブビュー撮影中でも光学ファインダー使用時と同様にオートフォーカスが作動する「クイックAFライブビュー」、ボディ内手ブレ補正機能を搭載したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル。

有効1020万画素のCCDセンサー、ボディ内手ブレ補正機能を搭載したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル。αシリーズ最軽量の約450gを実現した。

San Diego, CA – Sony has launched three new digital SLR cameras aimed at first-time buyers looking to step up from point-and-shoot cameras.

Sony has announced three new digital single-lens reflex (DSLR) cameras aimed at consumers interested in transitioning from point-and-shoot cameras.

May 18, 2009: Sony Europe has released details of three new easy-to-use DSLR cameras that have been added to the Alpha line-up: the DSLR-A230, DSLR-A330 and DSLR-A380.

Sony announced its three new entry-level dSLRs for 2009, the Alpha DLSR-A230, A330, and A380, which replace the A200, A300, and A350 respectively.

Sony has announced three new entry-level DSLRs. The A230, A330 and A380 replace the Alpha 200, 300 and 350. The restyled cameras offer new ergonomics and easy-to-use interfaces, but retain the underlying specification of the predecessor models. As before, the basic model is a 10MP DSLR, the intermediate model adds Sony’s fast live view system and the range-topping model gets a 14.2MP sensor. The new Alpha DSLRs are better differentiated from one another, with individual color schemes and grip finishes helping to distingush between the models.

May 17, 2009 – Sony today announced three new digital SLRs in its alpha lineup, the A230 (right), A330 and A380, replacements for the A200, A300 and A350 introduced in early 2008. The three new cameras share a body design and many key features, including a 2.7-inch 230,000-dot LCD, 9-point autofocus system, pop-up flash, an ISO range from 100-3200 and shutter speeds from 1/4000 second to 30 seconds. All three models incorporate the SteadyShot in-camera image stabilization that is standard in Sony SLRs, along with HDMI output for connecting to high-def TVs, plus the ability to control photo playback using a Sony TV remote. The three new alpha cameras accept both Sony’s proprietary Memory Stick PRO memory and industry-standard SD/SDHC cards.

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル