スポンサードリンク

SONY α230、330、380正式リリースへ50mm新レンズも!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SONYが噂通り、新デジタル一眼レフカメラα230、α330、α380を正式発表することになるそうです。
発表日は5月18日

ロシアから流出?されていた情報と間違い無かったようです。


ソフトキャリングケース SONY LCS-TT10


一眼レフカメラ対応のインナーバッグSがついたお得なセット【送料無料】LAGASHA × carryingcas…

α230とα330は10.2メガピクセル
α380は14.2メガピクセルと現行のα200、300、350を継承し、
α330とα380にはライブビューシステムも継承して搭載されることになるそうです。

発表は5月18日
価格は、18-55mmレンズキットでα230が$550、α330が$650、α380が$850とのことです。

現行モデルに対する主な改良点ですが
・より小型にコンパクトにボディを小型化
・より簡単に、メニューや操作系の改良
・コンパクトフラッシュからSD/SDHCに、メモステはそのまま

新レンズとフラッシュも同時発表です
・新キットレンズは18-70から、DT 18-55mm F/3.5-5.6 に
 非球面レンズや、EDレンズも採用
 キットとして小型化が目的と思われます
DT 50mm F/1.8
 ポートレートレンズ
DT 30mm F/2.8 macro
 標準マクロレンズ
・新フラッシュ HVL-F20AM
 ガイドナンバー20の小型軽量フラッシュ

 * The SAL-1855 標準ズームレンズの価格は約$200.
 * The SAL-50F18 ポートレイトレンズの価格は約 $150.
 * The HVL-F20AM フラッシュ の価格は約$130

ということで、APS系の入門レンズとフラッシュも刷新ということですが、50mmレンズの価格が2万円を切りそうということで、かなり注目の新レンズなのでは無いでしょうか?
標準マクロレンズの価格は書いていませんでしたが、18-55、55-200、50/1.8、30/2.8とレンズ一気に揃えてきました。
この4本のレンズ殆どの場面に対応でき、ボディと共に小型軽量で、しかもローコストで対応出来るシステムとなります。
また、とうとうSD/SDHCに対応したのもポイント。
今回の発表は、ソニーが入門カテゴリにかなり力を入れていることが判ると思います。


◎15,000円以上で送料無料! SanDisk SDSDX3-8192-J21 SDHCカード ExtremeIII 8GB

α700も最近バーゲン価格が多いですから、近いのかな?

【超お買い得!新品セール品】α700 DSLR-A700 ボディSONY α700 DSLR-A700 ボディ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル