スポンサードリンク

Olympus E-620レビュー記事

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

早速E-620のベータ機を使ったレビュー記事がアップされています。


◎15000円以上送料無料★☆その他のお買得セットも必見!ページ内おすすめバナーをチェック!★…


★オリンパス HLD-5 パワーバッテリーホルダー 《3月下旬登場》

レビューの結論はこちら

Working with a pre-production sample of a camera, particularly when it’s a good two months from ship date, is no way to draw buy-don’t buy conclusions, but we are genuinely intrigued by the unusual Olympus E-620. For point-and-shooters looking to move into the digital SLR space, you get full automation plus a host of step-up features, including the dramatic Art Filters, wide array of scene modes and simple multiple exposure creation, that rewards a little exploration with distinctively different results. At the same time, a full range of manual exposure controls, pinpoint tweaking of white balance and extensive customization options beckon to sophisticated shooters without a lot of money to burn. The body still felt a bit too small in our hands, but on the flip side this is one of the most portable SLRs on the market, the pivoting LCD is a lovely piece of gear, and dual memory card slots, even if one is for an xD card, is another welcome feature. If the photo quality stands up in our lab testing, this could prove to be an important camera.

さすがベータ機なんで、差しさわりの無い結論が書かれていますし、サンプル画像も出すことは出来なようですね・・・

ただ、このレビューをされた方にとって小さ過ぎるボディ、つまりE-420と同様にデジタル一眼レフカメラの中では最小クラスのボディがE-620のアピールポイントだと思います。
この小さいボディを利用し、ポイント&シューティングな方、つまり、コンパクトデジタルカメラで機動力を生かしたスナッピーな写真を撮影される方にとって、デジタル一眼レフでもそれが出来る可能性があるカメラ、また、アートフィルターを利用したクリエイティブな写真を楽しむ方にとっては重要なカメラにねるということです。

画質の方は、E-30並ということでしょうから、とにかく小型で機動性がある本格デジタル一眼レフが欲しい方にとっては最適の選択なのでは無いでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル