スポンサードリンク

RICOH CX1はCMOSイメージセンサー・画素数据え置き(若干減少)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日発表したリコーCX1は何とCMOSイメージセンサーが搭載されているようです。

ちなみに、リコーR10ですが、2万円台前半と発売当初から約半分のお値段になっています。


 RICOH 【在庫あり】【1000万画素】 デジタルカメラ RICOH R10 ブラック R10BK 【送料無料】【…


 RICOH 【納期5?7営業日】【1000万画素】 デジタルカメラ RICOH R10 ブラウン R10BN 【送料無…

これまで、CMOSイメージセンサーといえば、デジタル一眼レフなどの大型センサーあるいは、携帯電話やトイデジカメなどのローコストのイメージセンサーと両極端な分野で、またムービーカメラなどで活躍して来ましたが、今後はコンパクトデジタルカメラのイメージセンサーとして活躍するロードマップもあり、CanonのSX1ISで採用されたばかりですが、これはキヤノン自社製でした。

今回リコーCX1で採用されたCMOSセンサー、キヤノンSX1 IS以外のコンパクトデジタルカメラでは珍しい筈ですが、その製造元はどこのメーカーなのでしょうか?

約1000万画素の「CMOSセンサー」&「DIGIC 4」


高速連写とフルHD動画を実現するCMOSセンサー搭載モデルCANON PowerShot SX1 IS

リコーは、CX1が採用したCMOSセンサーの性能なのか、ダイナミックレンジを最大12EV相当に拡大されたと発表しています。

今後このCMOSセンサーを次期GR DIGITAL III?や、GX300?にもCMOSイメージセンサーが採用される可能性が非常に高いかもしれません。
(そのときは、GRXとか、GXX(^^;;なんて機種名??)

奇しくも、富士フイルムが、ダイナミックレンジを大幅に拡大する「スーパーCCDハニカムEXR」を搭載したF200EXRを発表した直後です

またCX1はR10と比較して有効画素数が少し少なくなっているようです。

ということで、これまでの画素数の向上はいったんストップ、これからデジカメは画素数据え置きで、高感度性能や、ダイナミックレンジ拡大という、基本性能の拡充がなされるなら、それはそれで嬉しいことですね。

そんなCMOSイメージセンサーにいち早くトライしたリコーのチャレンジ精神に拍手!

まずはリコーの主張通り、ダイナミックレンジの拡大が写真をアートにするか、サンプルイメージのアップが待ち遠しいですね!(^^;;;

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル