スポンサードリンク

Leica M8.2 レビュー記事

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカのデジタルレンジファインダーカメラM8のシャッターユニットを改良した進化バージョンM8.2の実写記事が日経BP様にアップされています。

ライカMシリーズは、レンジファインダーの最高峰に位置するカメラだ。M8になってデジタルカメラへと進化したが、今回使用したモデルはM8.2。前機種、M8からの主な変更点は、耐傷性の強いサファイアガラス採用の液晶モニター、静音シャッター、新しいブライトフレームなどとなっている


◎★☆安心・確実☆是非、ショップ内「お客様の声」をご覧下さい。★☆LEICA M8.2 シルバークローム


[3年間保険付&ライカジャパン正規保証付]LEICA M8.2 デジタルボディー【使いやすさと静音化されたデジタルレンジファインダー】『3~4営業日後の発送』

実写サンプル画像の撮影に使われているレンズは、エルマリート:ELMARIT-M 1:2.8/28 ASPH.です。

【安心サポートの国内正規代理店経由です!】Leica(ライカ)エルマリートM f2.8/28mm ASPH

画質に関するレビューは・・・・
・こってりとした色味
・シャープな描写
・ボケもきれい
・白黒の描写に味が
・ノイズが少ない。ISO80まで全くノイズは気にならない

ということで、流石大型センサーを採用し、ライカのホンモノのレンズと野組み合わせで、画質は悪いワケ無し・・・ということでしょうか。

やはり、ライカのデジカメが作る画像は、日本のデジタル一眼レフカメラのようにドライでくっきりした画像では無く、ウェットな味がある写真ですね。

お値段はニコンのフルサイズフラッグシップデジタル一眼レフカメラD3x並の、かなりの価格ですが、いつかはライカ・・・と思わせる何かがデジタルになったも存在感として感じられますね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル