スポンサードリンク

ニコンAF-S NIKKOR 50mm F1.4Gの発売日

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコンがデジタルにそしてフルサイズに本格対応した50mm大口径標準レンズ「AF-S NIKKOR 50mm F1.4 G」の発売日が12月5日に決定しました。


交換レンズ(ニコン用) ニコン AF-S NIKKOR 50mmF1.4G

デジタル一眼レフカメラがフルサイズ化して、一番重要なのはかつて“標準”と呼ばれた50mmF1.4大口径レンズがそのままの画角で使えることなのでは無いでしょうか?
ライカ版35mmフィルムを使うカメラでF1.4で一番コストが安くかつ高性能なレンズが作れるのは焦点距離50mmのレンズだそうです。
また画角も人間が目で見たのに近いということで、これらの要素が組み合わされ、まず最初に購入するレンズとして“標準レンズ”という言葉が生まれていたと思います。

今フルサイズデジタル一眼レフカメラの本気の“標準レンズ”を探すとすれば、24-70F2.8くらいでは無いでしょうか?
しかしそれでは価格が10万円を遥かに超えることになり、誰もがとりあえず揃える1本としては敷居が高いと思います。
そこでニコンはフルサイズが一般的になるとして、この50mmF1.4を新設計でランナップに追加したのは的を得たことだと思います。
フルサイズデジタルでも性能が保障された、F1.4レンズを思う存分使いこなす初めてのレンズかもしれません。

一方、こちらはフルサイズは意識していないと山本社長のコメントがありあmしたが、事実上デジタルに対応した初の50mm標準大口径レンズは、SIGMAのこのレンズ。

楽天デジカメ オンラインでは、4万8千円台です。

★☆フィルタープレゼント!★☆SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用+フィルタープレゼント【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】

そして、こちらはMFになりますが、歴史的名機CarlZeiss Planar T*1.4/50mm ZF、ニコンマウントになりますが、デジタルを十分意識した高解像度をアピールしています。

[【即納】3年保険付]Nikon一眼にカールツァイスレンズが使えるCarlZeiss PlanarT*1.4/50ZF(50mm F1.4 Nikon Fマウント)【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】

これら3本の50mm F1.4レンズは奇しくも、4万円後半潤オ5万円ちょいの価格帯にあります。
ニコンユーザの方ならとりあえず、Nikkorを選択されるのが賢明だと思いますが、F1.2並の大口径な前玉で口径食を排除したSIGMA の50mmレンズや、伝説のPlanar 50mmを最新レンズ製造技術で復刻したコシナの50mmF1.4、どちらも1度は使って見たいレンズですね。。。。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル