スポンサードリンク

Leica R10 フルサイズデジタル一眼レフの噂再燃

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のフォトキナであっと驚く中判デジタル一眼レフカメラLeica S2の登場で、幻となっていたライカの銀塩35mm一眼レフカメラR9のデジタル版となるRマウントのデジタル一眼レフカメラ Leica R10の噂が流れています。

We know that Leica will be introducing on the market, their brand new, developed and built from the buttom, S2 Medium Format camera system, S2, circa July 2009. What we also know is that a brand new integrated digital 35mm R10 will follow after that, based on the S2 system.


【送料無料!】《新品》Leica(ライカ)(正規品) R9 ブラック


【送料無料!】《新品》Leica(ライカ)(正規品) R90/2ASPH


【送料無料!】《新品アクセサリ》Leica(ライカ) SF24D ブラック/シルバー〔メーカー取寄品〕

記事ではこのようなカメラになる筈であると書かれています

・イメージセンサー フルサイズ 24x36mm 2400万画素(S2からの計算上)KODAK製
高感度性能 ISO1600(あるいはもう少し上)が許容画質(現行のハッセルブラッドのセンサー並)
・現行のDMR(Digital Module-R)と同等以上のイメージクオリティ(DMRは既にCanon EOS 1DsmarkIIIやNikon D3より優れているが)
・AFも(新しいRマウントが必要、又は、ボディ内AF?)
・従来のMFタイプのRレンズも使用可能
・Leica S2の開発テクノロジーをベースにしている
・ピントを確認し易い大きく明るいビューファインダー
・高速AF
・Leica R9より、Leica S2、1Ds Mark IIIより小型化すること
・FireWire
・撮影者の意図を反映し画質を最優先にするライカの写真に対するフィロソフィにフォーカスしたカメラ
・CFとSDのデュアルスロットル(S2と同様)

S2の出現で、もう後が無いと思われていたRマウントですが、すぐにマウントを変更するのはそれこそライカのフィロソフィにマッチするとは思えません。
また現状、最大級のデジタル一眼レフカメラであるS2が開発できたのですから、それをフルサイズにまで小型化するのは、技術的ハードルは低いと言えるかもしれませんね。
Rシリーズのフルサイズデジタル一眼レフカメラが発表されるのも可能性は高いかもしれませんね。


 Leica D-LUX 4用 レザーケース ブラック (18690)《11月登場》

 Leica D-LUX 4用 レザーケース ブラウン (18689)《11月登場》

《新品アクセサリ》Leica(ライカ)(正規品) C-LUX2用レザーケース レッド〔メーカー取寄品〕


 LEICA V-LUX用ネオプレーン・ケース

 LEICA 18668 D-LUX3用 コーデュラーケース( ブルー)

《新品アクセサリ》 Leica(ライカ)(正規品) C-LUX2用ネオプレーンケース -〔メーカー取寄品〕

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル