スポンサードリンク

SONY α900イメージセンサー開発者が語る

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー初のフルサイズデジタル一眼レフカメラに搭載されたCMOSセンサーは、ソニーをもってしてもかなり開発が困難だったようです。

ソニーが10月23日に発売したデジタル一眼レフカメラ「α900」には、35mm判フルサイズとして最大の画素数となる有効2,460万画素のCMOSセンサーが搭載されている。
 昨年秋の「α700」でAPS-Cサイズ相当のCMOSセンサーを投入してから約1年、大きく進化したソニー製CMOSセンサーについて、半導体事業本部イメージセンサ事業部第1設計部CIS設計2課の宇井博貴統括課長と、半導体事業本部セミコンダクタテクノロジー開発部門イメージャプロセス2部開発1課の蛯子芳樹氏に、開発のポイントなどをうかがった。

楽天ではソニーα900のボディーが送料込みで30万円を切っています。


ソニー α900 DSLR-A900 ボディ【送料無料】

フルサイズにははやりSONY CarlZeiss Planar 85mm f1.4

【送料無料!】《新品》SONY(ソニー) Carl Zeiss Planar T*85mmF1.4ZA

「アポダイゼーション光学エレメント」を搭載した、SONYの135mmSTF、他社では得られない個性のあるレンズでは無いでしょうか?

【送料無料!】《新品》SONY(ソニー) 135mmF2.8[T4.5]STF

しかしながら、その開発の過程でカメラ側の開発者との横の連携がお互いのメリットだったことを認められています。

元々コンパクトやAPSなどのイメージセンサを開発する力を持っていたソニーと、特にAF一眼レフ開発ではパイオニアであったミノルタが、合体した強みを生かすのがαシリーズの良さになっているのかもしれませんね。

また、画素数は単純に技術的な進歩によるものだけでは無く、市場のニーズが高画素化に向かわせている事実もあるようです。
もうこれ以上画素数はいらないと皆さんが言えば、ソニーも同じ画素数でより特製を改良したセンサーを出す準備もあるようです。
3000万画素や50000万画素のデジタル一眼レフカメラは今後出て来るのでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル