スポンサードリンク

北京五輪の終了とフォトキナの予感

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

北京オリンピックが終了しました。
今回のオリンピックで注目は、これまでスポーツのゲンバをほぼ独占してきたCanonの白いLレンズが、フルサイズ&超高感度のNikon D3の登場によってどれくらいニコンの黒いレンズに代わるか?ということですが、、、
結果ニコンは北京オリンピックで予想通りシェアを奪回することに成功したようです。

今回の五輪は昨年ニコンが発表発売した「Nikon D3」(関連記事)が大活躍していた。キヤノンの白いレンズの放列に混じって、黒いニコンのニッコールレンズが半数近く並んでいたのだ。特に室内競技や、夜間に行われたフィールド競技はその数が逆転しているケースも目立った。これはNikon D3の高感度特性と高速連写性能、そして高い信頼性に、世界各国のメディアや報道カメラマンが評価を与えたと見て間違いない。


★☆【台数限定】★☆Nikon D3

キャノン Canon EOS 5D ボディ

デジタル一眼レフカメラ オリンパス E-3 ボディ

そして、カメラ的話題は9月に開催されるフォトキナに。
ニコンはフォキナまでに重要な発表を行うということですが、その内容はD90で噂されている一眼レフカメラでのビデオ撮影のことなのでしょうか?
それとも、更に重大な発表なのでしょうか?これまで取り上げた噂から候補に挙がるのは
・超高速でクロップする(写真撮続けている)プロ用デジタルカメラ
・やっぱりライカはニコンと協業する
・ということはマウントの変更
・光学ファインダーが無いレンズ交換式カメラ
・大型イメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ
・2400万画素?D3xの発表

一方のキヤノンは今のところ50Dが確実視されていますが、フルサイズとして5Dの後継、7D?の発表はあるのでしょうか?
そしてやはりコンパクトデジタルカメラのハイエンド機種は登場するのでしょうか?

ソニーはやはり、αシリーズで2400万画素のフルサイズ一眼レフの発表ですね。
D3より凄いカメラになりそうです。またツァイスレンズとの組み合わ
せはこれまで体験したこと無い超高画質な予感。

更に、オリンパスとパナソニックが発表したマイクロフォーサーズに関連する何らかの発表もありそうです。

今年のフォトキナは、ロンドンオリンピックを見据えた(^^;?レンズ交換式デジタルカメラのブレークスルーな年になりそうですね。


【即納】SanDisk Extreme IIIコンパクトフラッシュ2GB SDCFX3-002G-J21【0825祭10】→安い


Ducati Edition SDカード サンディスク SDSDPX3-004G-JD1 4GB カードリーダー付 class6


【SanDisk】300倍速CFカード Extreme Ducati Edition 4GB

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル